看護師免許(助産師免許・保健師免許)の再発行手続き

看護師免許の再発行について

看護師免許を破損した場合や紛失した場合の再発行の手続きです。

手続き対象者
保健師、助産師、看護師免許を取得後、免許を破損したり、紛失して免許証の再交付を希望する保健師、助産師、看護師
手続き時期
随時
手続き場所
就業者の場合勤務地の管轄の保健所、未就業者の場合住所地の管轄にある保健所(一部県庁)
手続きに必要な書類
  • 住民票(本籍が記載されているもので,発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 現在持っている破損した免許証(紛失の場合は残っていれば免許証のコピーを持参)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 運転免許証や保険証、パスポート等、本人確認ができる書類
  • 切手(登録済証明書発送の場合など必要。金額は申請先の保健所毎に異なるので事前に要確認)
  • 都道府県知事の意見書(保健所または県庁で、申請者からの聞き取りにより作成されます)
  • 申請用紙(各保健所に備付)

再交付手続きにあたり、免許番号、年月日がわからない場合は、勤務先、同時期の申請者、卒業校などを可能な限り確認しておくと手続きがスムーズです。

手数料
収入印紙…3,100円

郵便局や県庁などで購入

再交付と書換え交付申請を同時に行う必要がある場合は、両方の費用が必要です。

補足事項
再交付された後、前の免許証が見つかった場合は、5日以内に就業地の保健所へ返納してください。
准看護師の手続きについて
准看護師は、都道府県免許のため交付された都道府県によって手数料(県の収入印紙で購入)が異なります。
他県の免許の場合、郵便振替になることもあります。事前に保健所(一部県庁)にご確認ください。