失業保険の給付を受けるには?

お住まいを管轄するハローワークで手続きを行います。

最寄りのハローワークとは異なる場合があります。確認してから出かけましょう。

持ち物

  • 保険証(雇用保険被保険証)
  • 本人確認書類(運転免許証や住民票など)
  • 離職票- 1
  • 離職票- 2
  • 顔写真2枚(3 × 2.5cm)
  • 印鑑
  • 通帳(預金口座の分かるもの。失業手当の振り込み先を書くケースあり)

給付までの流れ

  1. 離職票をもらう
    離職後、勤務していた会社から離職票(「雇用保険被保険者離職票1・2」)を受け取る

  2. 受給資格の決定
    お住まいを管轄するハローワークで、「求職の申込み」を行い、「離職票」を提出。持ち物も合わせて提出してください。ハローワークで、受給要件の確認をした上で、受給資格の可否が判定されます。

    このとき、離職理由についても簡単に質問されます。受給資格決定後は、次の受給説明会の日時を確認し、「雇用保険受給資格者のしおり」を受け取ります。

  3. 雇用保険受給者初回説明会
    指定の日時に開催されます。必ず出席しましょう。

    【持ち物一覧】

    • 雇用保険受給資格者のしおり
    • 印鑑
    • 筆記用具

    説明会では、雇用保険の受給についての説明があります。ここで、「雇用保険受給資格者証」、「失業認定申告書」が渡され、第一回目の失業認定日が告知されます。

    【失業認定】
    原則、4週間に1度、失業認定をしてもらうため、指定された日に管轄のハローワークに行き、期間中の求職活動や労働状況の報告を行います。きちんと求職活動を行っているということを示さなければなりません。

  4. 受給
    失業認定が行われると約1週間ほど(待機期間がある人は3ヶ月後)で、指定した金融機関の預金口座に失業保険(基本手当)が振り込まれます。

    受給のスタート以後は、再就職が決まるまでの間、失業認定→受給を繰り返しながら仕事を探すことになります。

手続きしないと・・・

失業保険の給付を受けられる期間は、原則として離職の翌日から1年間です。1年以上経過してしまうと、支払い可能日数の範囲内であっても受けられませんので、注意が必要です。

このように失業保険の受給には、受給期限や様々な受給条件があります。退職後には、まず自分の状況を確認し、忘れずに申請を行いましょう。