失業保険とは?

いったん仕事を辞めて転職する人は、大幅に収入が減ってしまいます。

そんなとき心強いのが、雇用保険=失業保険の給付金。

失業保険とは、雇用保険に入っていた人(被保険者)が、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職するのを支援するために支給される保険。

正式には求職者給付の中の「基本手当」といいます。役所などではこちらの名前で呼ばれることが多いです。

こちらは役所ではなく、ハローワークで手続きを行います。その場ですぐ給付を受けられるわけではないので、よく確認して早めに手続きを行いましょう。

失業保険の受給条件

下の2つの条件を満たしている方が受給可能です。

  • 就職しようとする積極的な意志があり、いつでも就職できる能力があるにも関わらず、就職することができない失業状態であること。
  • 離職日から過去2年の間で、被保険者だった期間が12ヶ月以上あること。
    (賃金支払いの対象日数が11日以上ある月を1ヶ月と換算します。)

あくまで仕事を探していることが条件なので、そのため、「しばらく休んでから」という人や、病気やけが・妊娠・出産・育児・家事などのためにすぐ就職できない場合は受給できません。この場合は、仕事を探し始めれば受給が可能になります。

いくらもらえるの…?

まず、これまでのお給料を元に1日あたりの金額(=基本手当日額)が計算されます。

基本手当日額の計算式

離職以前6ヶ月分の資金(残業代含む、賞与は除く)×0.50 ~ 0.80÷180

1日あたりの上限額は下記のように定められています。(平成30年8月1日以降)

30歳未満 30歳以上 45歳未満 45歳以上 60歳未満 60歳以上 65歳未満
6,750円 7,495円 8,250円 7,083円

この1日あたりの額(=基本手当日額)✕ 給付日数(もらえる日数)が、あなたの受給金額です。

給付日数はどうやって決まるの?

失業保険の給付日数は90日から最大360日。年齢や雇用保険に入っていた期間、離職理由などによって決まります。

※倒産やリストラ、およびパワハラやセクハラ、病気・ケガ・精神的薄弱などによって離職した場合は、再就職の準備をする時間の余裕がなかった特定受給資格者と見なされ、給付日数などが優遇されることがあります。

詳細は管轄のハローワークに問い合わせてみましょう。

一般受給資格者数

自己都合により離職した方および定年退職者の方

被保険者期間
6月以上
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
15歳以上
65歳未満
90日 90日 90日 120日 150日

特定受給資格者数

会社都合(倒産、人員整理、リストラ)等により離職を余儀なくされた方

被保険者期間
6月以上
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上 35歳未満 90日 90日 180日 210日 240日
35歳以上 45歳未満 90日 90日 180日 240日 270日
45歳以上 60歳未満 90日 180日 240日 270日 330日
60歳以上 65歳未満 90日 150日 180日 210日 240日

就職困難者数

身体障害者、知的障碍者、精神障害者および社会的事情により就職が著しく阻害されている方

被保険者期間
6月以上
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
45歳未満 150日 300日 300日 300日 300日
45歳以上 65歳未満 150日 360日 360日 360日 360日

失業保険が受給できる期間(受給期間)は、原則として「離職した日の翌日から1年間(所定給付日数330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日)」。

離職して離職票を受け取ったら、できるだけ早めにハローワークに行きましょう。

また、「待機期間」といって、離職後初めてハローワークに行き、離職票を提出した日から最初の7日間は支給されません。さらに、自己都合や懲戒解雇など、自分の責任で退職した人は、待機期間7日間+3ヶ月間給付を受けられません。注意しましょう。