クリニックでの看護師の業務は、大きめの病院などとは違い、ひとりでさまざまな業務を行わなければならないのが特徴です。

そんなクリニックで働く看護師の役割や仕事内容、給料ややりがいについて解説します。

診察室内にドクターと患者さんが向かい合って座っていて、ドクターの横に看護師が立っているイラスト

クリニックで働く看護師の仕事内容・役割

クリニック(診療所)とは、入院施設がない、もしくはあっても19床以下の医療機関のことです。

そこで働く看護師の仕事内容は、外来診療の診療補助が中心になります。

クリニックは医師(院長)と看護師数名、受付担当者と少人数で回すことが多く、ひとりでなんでもやることが求められます

スタッフの教育・育成体制に余裕がない場合もあるため、即戦力が求められます。

病棟や大病院の外来と違って、看護業務以外の業務まで多岐にわたって担当します。

クリニック看護師の業務一覧

下記に、一般的な内科クリニックでの業務を挙げます。

クリニック看護師 主な業務内容

  • 問診、バイタルサイン測定
  • 検査の説明、治療の補助
  • 採血、注射、点滴の対応
  • 心電図の測定、レントゲンの現像など
  • 使用した医療器具の洗浄、消毒
  • 薬品・備品の管理、発注
  • 診察室の清掃
  • 受付・案内・電話応対
    (受付担当者がいない場合)

クリニックは内科以外にも小児科や産科・婦人科、美容などの専門クリニックや、透析クリニック、健康診断や人間ドックのみを行っているクリニックも。

小児科であればプレパレーション、透析であればシャントの穿刺など、それぞれに必要とされる技術も異なります

クリニックの看護師の1日

クリニックの看護師は、基本的に日勤のみの体制を取っているところが一般的です。

オンコールや夜勤はほとんどありません

1日のスケジュール例は以下の通り。

【8:30】始業

カルテの準備(紙カルテの場合)や環境整備、その日の診療のための準備を行います。

クリニックによっては朝礼があることも。

【9:00】午前診療

待合室で座っている看護師さんから体温計を受け取っている看護師のイラスト

医師の診療の補助を行います。必要に応じて患者さんの案内や問診、検温などのバイタルチェックを行います。

医師の指示のもとで、採血や注射を行うことも。

【12:30】休憩

午前の診療が長引いた場合は、休憩の時間帯もずれることがあります。

昼休憩が長めのクリニックの場合は、いったん自宅に帰る人もいるようです。

【14:00】午後診療

午後の診療を開始。

より詳しい検査のため外部の検査期間に依頼を出したり、医師が紹介状を書くサポートを行うことも。

【18:00】診療終了

その日の診療を終了し、清掃や機器の滅菌、カルテの整理、物品の補充などを行います。

これらは診療時間終了前に、患者対応と並行して行うこともあります。

【18:15】終業

午後の診療が延びた場合は、その分残業で退勤時間が遅くなることもあります。

キャリアアドバイザー

診療時間の長いクリニックでは早番・遅番があったり、会社帰りの患者さんのために夜遅くまで診療している透析クリニックでは22~23時までの準夜勤があったりすることも。

また、在宅医療をやっているクリニックではオンコールもありますので、求人を見る際はよく確認しましょう。

クリニックで働く看護師の給料

【クリニック|看護師の給料】年収:350万~420万円。時給:1400~1600円。※地域差があります。

クリニックで働く看護師の年収の相場は、およそ350~420万円です。

准看護師の場合はここから1割ほど少なくなる傾向です。

クリニックでは日勤のみで夜勤がないため、夜勤を含む勤務をしている看護師と比べると年収が低くなる傾向にあります。

また、クリニックに多いパートの場合は、時給1400~1600円ほどが相場です。

クリニックの中でも美容クリニックや透析クリニックなどは、時給が高くなる傾向にあります。

クリニックの看護師は楽?つらい?

「クリニックは病棟よりも負担が少なそう」と考えてクリニックへの転職を希望する人もいるようですが、実際にクリニックの看護師の仕事は楽なのでしょうか?

クリニックの看護師として働くメリット・デメリットをまとめました。

クリニックの看護師として働くメリット3つ

【クリニックで働く看護師のメリット】1)日勤のみ&曜日固定の休み。2)幅広い対応力が身につく。3)自宅近くで働ける。

1日勤のみ&曜日固定休で働ける

クリニックで働く最大のメリットは、夜勤がなく、シフト制であっても休診日が決まっているため、ワークライフバランスが取りやすいことです。

クリニックは日曜日+決まった曜日がお休みの職場が多く、数ヶ月先まで休日の見通しが立てやすくなります。

また、繁忙期には診療時間が延びて残業することもありますが、基本的には決まった診療時間で仕事を終えられることが多いようです。

2幅広い対応力が身につけられる

クリニックは基本的に看護師は数名しかおらず、さまざまな業務をひとりの看護師が行う必要があります。

そのため、自然と看護以外のことへの対応力も磨かれます

たとえば患者さんに対するコミュニケーションスキルや、複数の業務を段取りしながらテキパキと進めていく能力が身につけられます。

3自宅から近い場所で働ける

クリニックは病院と比べて数が多いため、自宅から近い職場を探して働くことができます

地域に根ざして働けるのも、クリニックならではのメリットです。

慢性疾患の患者さんに長期にわたって関わるなど、入院から退院するまでを見守る病棟勤務とは違った形で関わり続けることもやりがいのひとつです。

クリニックの看護師として働くデメリット3つ

【クリニックで働く看護師のデメリット】1)有休がとりにくい。2)看護師知識や手技を忘れる。3)人間関係が難しい。

1人が少ないので有休が取りにくい

クリニックは規模が小さく、看護師の数も限られているため、あらかじめシフトで決められている日以外に急遽休みを取るのが難しくなってしまいます

たとえば子どもが熱を出した、自分の体調不良などで休みを取りたい場合に、代わりに出勤してくれる人を探すのが難しかったり、「無理してでも出てほしい」と頼まれてしまう可能性があります。

2看護知識や手技を忘れてしまう

クリニックの規模にもよりますが、患者の受付や書類作成、掃除など看護師としての知識やスキルを必要としない業務もこなさなければならないことがあります。

採血や点滴といった処置を行うことが少ないクリニックの場合は、知識や手技を生かす場がなく、忘れてしまうことがあります。

現在病棟で働いていて、一度クリニックで勤務した後、再度病棟や訪問看護などの道に戻りたいと考えている場合は、採血などの処置が多いクリニックを検討してみましょう。

3人間関係が難しい

クリニックはスタッフ全体の人数が少ないため、人間関係で問題が起こってしまった場合に逃げ場がなくなり、大きなストレスになってしまう可能性があります。

とくに院長や経営に関わる家族との相性は重要で、ワンマンな院長に振り回される職場などにあたってしまった場合は働き続けるのが難しくなるかもしれません。

新卒や2年目でクリニック勤務は無理?

新卒や2年目でクリニックに勤務したいと考えている人は、スタッフの教育に力を入れている、看護師の人数が多いクリニックを探してみましょう。

クリニックの場合、看護師の人数が少なく教育体制が十分に整っていないこともあるため、即戦力となる人を採用するケースが多い傾向にあります。

「即戦力」の目安は、採血や点滴といった処置が自立していることです。

とはいえ教育をする余裕のある職場では、1~2年目を採用していることもあります。クリニックは求人数が多いので、じっくり探してみましょう

クリニック勤務はこんな看護師におすすめ!

クリニック勤務に向いている人は、以下のような特徴のある人です。

クリニックの看護師がオススメな人

  • アットホームな雰囲気の職場が好き
  • 協調性を発揮しながら仕事を進めることに喜びを感じる
  • 自分の担当外の仕事もてきぱきとこなす能力がある
  • 日勤のみで働きたい
  • 休みの曜日が決まっている方が、予定の見通しが立てやすく助かる
  • 給料が多少安くなっても、プライベートを大切にしたい

クリニック勤務はスタッフの人数が少ないため、その場にいる人といかに協調しながら仕事を進められるかが大切です。

そのため、他のスタッフの人となりをよく理解した上で、お互いに気持ちよく仕事を進める能力が求められます。

また、クリニックの場合は、ともすると「これって看護師がやること?」と感じてしまうような業務もしなければならないことがあります。

そういった場合でも、快く引き受けてこなせる人はクリニックに向いていると言えるでしょう。

加えて、子どもがいて夜勤が難しかったり、曜日が決まった休みのほうが助かるなど、プライベートを優先して職場を決めたい人にもクリニックはおすすめです。

看護師の転職ガイド 転職活動がぐっと楽になる便利なガイド