厳しすぎると思いますか?救急処置室からインスタグラムに投稿した看護師の解雇処分

どんな職業にも、「仕事上知り得た秘密は、他に漏らしてはならない」という「守秘義務」があります。日々さまざまな患者さん、そしてその患者さんの抱える病状や問題と接する機会のある看護師という職業にも、いうまでもなく、守秘義務は存在します。看護師をはじめとする医療関係者の守秘義務は、他の職業の守秘義務と比べても厳しいものではないでしょうか。

 

守秘義務の適用は、各病院によって多少の差はあるものの、広い範囲にわたるのが普通です。一般的には、患者さん個人を特定できてしまう情報はもちろんのこと、その患者さんの病状や家族関係、そして病院名が特定できるような情報にまで及びます。また、守秘義務違反を犯した看護師には、通常なんらかの処罰が与えられます。

 

このように守秘義務をはじめ、モラルなども厳しく問われがちな看護師という職業ですが、この度アメリカで、勤務中に処置室の写真を撮影して解雇処分となった看護師がいます。

 

厳しすぎると思いますか?救急処置室からインスタグラムに投稿した看護師の解雇処分|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

リアリティ番組に出演中の出たがり看護師の過ち

看護師の名はケイティ・デュークさん(33)。ニューヨーク・プレスビテリアン病院の救急処置室に勤めて7年になる看護師でした。実はケイティさんは、アメリカABC放送でオンエアされている『NY Med』という、リアリティ番組に出演していた人気看護師。この番組は、医療現場をドキュメンタリータッチで追うものです。

 

7月のある日、電車にはねられて重傷を負った患者さんの救急処置にあたったケイティさん。処置後、誰もいなくなり資材が床に散乱した救急処置室を自分の携帯電話で撮影し、インスタグラムに投稿。この一件が問題視され、7月の下旬に勤務先のニューヨーク・プレスビテリアン病院を解雇されました。

 

 

妥当?厳しすぎる?アメリカ国内でも賛否両論

ケイティさんがインスタグラムに投稿した写真には、患者さん本人はもちろん、患者さん個人を特定できる情報は一切含まれていません。しかし、『NY Med』の視聴者など、ケイティさんを知っている人や、インスタグラムのフォロワーであれば、写真はニューヨーク・プレスビテリアン病院内で撮影されたものと簡単に察しがつくでしょう。

 

また、許可なく病院内を撮影し、投稿するのも問題です。さらには、勤務中に個人の携帯電話を使用することも規則違反に当たるはずです。このことからも、ケイティさんの取った行動と今回の解雇処分について、妥当とする考え方が多くあります。

 

しかしその一方で、『NY Med』の視聴者や世論の間では「病院はやり過ぎだ」とケイティさんに対する同情の声も少なくありません。というのも、ニューヨーク・プレスビテリアン病院は『NY Med』にたびたび登場している病院です。つまり、撮影クルーによって写真撮影やビデオ撮影がしょっちゅう行われており、番組内で使用するシーンの撮影と世間への公開を許可している病院という位置付けにあります。このことを引き合いに出し、今回ケイティさんのとった行動が、(番組とは直接関係のない撮影だったということを考慮しても)守秘義務違反のようにみなされるのはおかしいのではないかといった声が多くあるのも事実です。

 

 

今回のケイティさんの一件は、欧米諸国では珍しいものではありません。悪気なく、なんの気なしに撮影した病院内の写真を自分のフェイスブックに載せ、それが病院関係者の目に留まり、10年の勤続年数がありながらも解雇になった看護師もいます。

 

携帯電話やスマートフォンが身近になり過ぎた現代ですが、患者さんや病院のための守秘義務はもちろんのこと、モラルという点でも、むやみやたらと勤務中に携帯デバイスを使用するのは慎んだほうが安全といえますね。

 

 

文: Mia C.

 

(参考)

A nurse got fired for posting an Instagram from an operating room.

“New York Med” nurse fired for “insensitive” Instagram shot

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周産期の問題◆胎位異常に含まれないのはどれでしょうか?

  1. 頭位
  2. 骨盤位
  3. 横位
  4. 斜位

1175人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8167人の年収・手当公開中!

給料明細を検索