触れることで痛みが軽減する。「手当て」の大切さ

日本は欧米に比べて患者さんに触れる機会が少ないと思いますが、欧米では挨拶で抱き合うなど、実際に患者さんにアセスメント以外で触れる場面に出くわすことが多くあります。そして、アメリカでは触れることやマッサージの効果が研究によって証明されています。

 

触れることの医学的効果

アメリカの心理学者Keltner氏は著書の中でこのように述べています。

「人間は世話をすることや思いやりの文化の上で発達してきており、触れることや触れられることには重要な意味がある。そして、その効果は計り知れない」。

 

また、彼は触れるという行為が大脳を刺激して、オキシトシンやエンドルフィンが放出され、マッサージは抗うつ薬と似た効果で幸せホルモンセロトニンを増加させるという研究を紹介しています。

 

触れることは病気の症状を軽減させる

アメリカのTouch Research Institute(接触研究機関)は、触れることが痛みを軽減させ、マッサージはパーキンソン病の振戦を減らすという研究を発表しています。

 

その他にもマッサージはアルツハイマー型認知症の症状である徘徊や暴力行為を減らす効果があるといいます。特に、高齢者や入院患者さんは人に触れる機会に乏しく、触れることの意義は大きいでしょう。

また、認知症の患者さんは言語コミュニケーションが難しい場合も多く、手を握ったり、顔に触れたりすることがコミュニケーションとなり、それが安心感につながることも多くあります。

 

2012年にSupportive Care in Cancerはガン患者の痛み、ストレス、悪心、無気力や不安などがマッサージによって軽減したという研究を発表しています。

このマッサージはプロのものではなく、看護助手によるものであり、研究では思いやりや温かさをマッサージという行為によって示し、それが患者のストレスを軽減させたのではないかと結論づけています。

 

触れることで痛みが軽減する。「手当て」の大切さ|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

実際に行動してみましょう

成人では子供と比べて、触れる機会が少なく、特に日本文化では不愉快に思われるかもしれないと考えがちです。

しかし、実際には話を聞きながら、手を握り、肩に触れることで、患者さんの心が開かれたり、認知症の患者さんの暴力行為が治まったりすることが多くあります。

触れることに全く慣れていない患者さんは、いきなり触れると驚かれることがあるため、触れる前に同意を得たり、患者さんの性格に応じて、タイミングを図ったりすることも大切です。

大きな抱擁をする必要はありません。欧米では挨拶に、親しい友人や家族の間で頬にキスをしたり、抱擁をする習慣がありますが、日本では手に触れたり、肩に手を置くだけでも十分効果があると思います。

マッサージも足浴や手浴をしながら行うことがベストかもしれませんが、保湿クリームを塗りながら簡単なマッサージをするだけでも効果が表れるのではないでしょうか。

 

日本ではなかなか日常的に人同士が触れ合う機会が少なく、触れることの意義が見失われがちですが、患者さんに一番近い看護師だからこそ、触れる機会もたくさんあると思います。

「手当て」と言われるように、看護の本質は触れることにあるのかもしれません。

 

 

(参考)The Power of Touch in Elder Caregiving

 

文: Rio,S.

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆消化器の問題◆内視鏡治療の一つで、消化管内の隆起性病変(良性腫瘍を含む)を切除・治療する方法はどれでしょうか?

  1. トミー・ジョン
  2. デブリードマン
  3. ポリペクトミー
  4. トラベクトミー

9772人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8128人の年収・手当公開中!

給料明細を検索