あるある!夜勤シフトの看護師がとりがちな11の行動

看護師なら誰もが一度は経験したことがある夜勤シフト。夜勤が好きという人もいれば、夜勤はもうやりたくない! という人もいます。

ここでは、看護師の仕事と切っても切り離せない夜勤ならではの、「11のあるある」についてご紹介します。

 

夜勤シフトの看護師がとりがちな11の行動|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

1.食事がコンビニ弁当やインスタント食品になる

食事が配給される病院もありますが、夜勤中の夜食は院内のコンビニやカップヌードルのような簡単な食事になりやすいです。身体に良くないとわかっていても、夜勤中のお菓子やカップヌードルがやめられないという人も多いようです。

 

2.カフェインを常用するようになる

夜勤中に眠くなるのを避けるために、休憩中にコーヒーやエナジードリンクを飲むことも。カフェインは摂取しつづけると、より多くのカフェインを身体が欲するようになるので、眠気をとるためにコーヒーを飲んでも徐々に効かなくなることあります。

 

3.昼間まで寝られることの幸せを感じられる

夜勤前にできる限り睡眠を取ろうと昼間まで寝ている人も多いと思います。「日勤だったら、朝早く起きなければならないけれど、夜勤前なら昼まで寝ても大丈夫」と、布団の中で至福の時間に浸れます。

 

4.他の職業の友達より夜遅くまでアクティブに活動できるようになる

夜中に仕事をすることに慣れると深夜まで出歩いていても、なかなか眠くならない、なんてことはありませんか? 身体が夜型の生活に適応するようになり、日勤だけをしている会社員の友人より、夜でもアクティブに活動できるようになります。

 

5.肌がだんだん白くなる

日中に外に出ることが少ないので、夜勤専従だと肌が白くなりがちです。そして、なぜか日の光に弱くなります……。サングラスや日傘を差して、通勤する人も。

 

6.病院の近くのカフェやお店が何時から始まるか把握するようになる

夜勤後に朝カフェをしたり、ショッピングをして帰ったりすることもあるのが夜勤シフト。夜勤後すぐだとまだ開いていないお店もあるので、何時からオープンするのか自然と把握するようになっている自分に気づきます。

 

7.平日の日中に友人に会ったり、銀行や役所に行ったりできる

なかなか普通のサラリーマンではできないことですが、看護師同士では平日の日中にランチをしたり、お茶をしたりすることも多くあります。平日のランチの方がお得だったり、混んでいなかったりするので、これは看護師ならではの特権です。また、銀行や役所は平日の昼間にしか開いていないことが大半なので、便利なことも多々あります。

 

8.夜勤前にコンビニでお菓子を買いすぎる

夜勤前にコンビニに寄ることが習慣になり、同じ夜勤メンバー分のお菓子やデザートを買ったり、新発売のお菓子やスナックを買ったりして、たくさんの食べ物が入ったコンビニ袋を休憩室に置いておくようになります。

 

9.午前5時頃に突然眠くなる

カルテを書きながら、突然意識が途切れることも。特に朝方は体温も低くなり、冬は暖房があっても手足が冷たくなります。今まで眠気がなかったのに、午前5時頃になると突如眠気が襲ってくる、そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

10.夜勤明けの帰り道で、出勤途中の人を見る優越感

駅や帰り道ですれ違うこれから仕事であろうサラリーマンを見ると、すでに仕事を終えてあとは寝るだけ、というプチ優越感に浸ることも。

 

11.帰って寝て、起きたときの身体のだるさ

夜勤後の過ごし方は人それぞれだと思いますが、明けで家に帰って寝て、起きたときは自分がどれだけ疲れていたかがわかるほど、身体が重く感じられ、そのままもう一度夢の中へ……、という人もいるでしょう。

 

 

以上が夜勤シフトの看護師にまつわる11のあるあるです。身に覚えがある方も多いのではないでしょうか? 夜勤には便利な面も大変な面もありますが、夜勤明けの開放感は日勤では決して味わえないものですね。


(参考)

11 signs you are a night shifter.

文:Rio, S.

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆感染症の問題◆マダニを介してボレリアという細菌に感染することで発症する感染症はどれでしょうか?

  1. ライム病
  2. レモン病
  3. マンダリン病
  4. バンペイユ病

7551人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8218人の年収・手当公開中!

給料明細を検索