ナースのお悩み処方箋【13】もう失敗は嫌!デキるナースになれるのはいつ?

「早く歩こうが、ゆっくり歩こうが、目的地があるならいずれ辿り着ける」

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | ナースのお悩み処方箋【13】もう失敗は嫌! デキるナースになれるのは、いつ?


あなたは、どんな看護師になりたいですか?
なりたい具体像があるのなら、それに向かって進んでいけばいいんです。

大きなものじゃなくても大丈夫。
記録の上手な看護師。
採血の上手な看護師。
そんな感じでもOK。

そういう『目標』があって、がむしゃらに頑張っている人も多いでしょう。

私の場合は、採血でした。
実は私、新人の頃、採血がド下手だったんです。
生意気だったので、先輩看護師に腕を貸してもらえず、自分の足で練習したこともあります。
何とか上手になりたいと、本当にがむしゃらでした。

大学病院の採血室に転職する、なんていう荒業も使いました。
でも、やっぱり最初は失敗だらけ。
一朝一夕で上手になれるわけではないと、頭ではわかっていても、患者さんに痛い思いをさせて、採血の上手な先輩看護師に代わってもらうのは、やっぱり悔しくて。

早く上手くなりたい!とそればかり考えて、焦っていました。
2回刺してダメだったら上手な人に代わってもらうのがルールだったのに、代わりたくなくて、とにかくその患者さんで成功したくて、4回刺してしまったこともあります。
後で、「刺すところがなくなってるでしょ!!」と叱られましたが。

……若かったんですね。
自分が上達する時間を待てなかったんです。

そんな時、その採血上手な先輩看護師さんが、お茶を飲みながらポツリと言ったんです。
「早よ歩こうが、ちまちま歩こうが、歩いとるんやったら、その内、どっか辿り着けるやろ」と。

「ちまちましか歩かれへんのやったら、風景でも楽しみながら歩き。
目的地があるんやったら、寄り道せん分、ちっとは早ぅ辿り着けるはずや」

ある意味、突き放したようなコトバは、私の中にスッと入ってきました。

別に、上達に期限なんかないのです。
あるのは、私の自己満足くらいで。

達成する!と決めた目標があるなら、がむしゃらにそれに向かっていけばいいだけ。
開き直って、患者さんに叱られながらでも、ゆっくり上達していけばいい、ここにいる限り、毎日採血するんだから……と思ったら、焦る気持ちが、スゥッと引いていくような気がしました。
そうやって淡々と、確実にひとりひとりの採血を成功させていく、という気持ちで仕事に向かっていたら、ある日、いつの間にか上達している自分に気付いたんです。

ああ、私、焦るあまりに、余裕がなくなっていたんだなぁと反省しました。

歩く速度は人それぞれ。
歩き方を変えてみる、歩く道を変えてみる、そして――開き直ってみる。

それでいいのかもしれない。
最近、つくづくそう思っています。

 

 


 【岡田久美】 兵庫県出身。看護書籍の編集とゲームシナリオライターを本業に、フリーの看護師として活躍中。いつでもどこでもどんなところでも勤務できるオールマイティな看護師を目指し、これまでの勤務職場は病院、クリニックなど30以上。

著書に「看護師の流した涙」(ぶんか社)がある。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆循環器の問題◆以下の中で、最も緊急度の高い不整脈はどれでしょうか?

  1. たまに脈が飛ぶ。
  2. 40回/分以下の徐脈で息切れを訴えている。
  3. 四肢のしびれを訴えている。
  4. 数十秒の間に心拍が120回/分まで上昇し、その後、徐々にゆっくりになる。

11211人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索