その「天然」は本当?16歳の少女がダイエット用緑茶で肝炎に

ネットで買える「天然」「オーガニック」を疑え―Teen Girl Develops Hepatitis After Drinking Green Tea Bought Online

「お茶で楽々すっきりダイエット」などダイエット効果があるという「お茶」は多く、うたい文句は実に魅力がありますよね。しかし、お茶ダイエットに関連した健康被害が数多く報告されていることをご存知でしょうか?

今回は、とんでもない被害に巻き込まれた16歳の少女の事例を紹介します。

 

【INDEX】

 

 

オンラインで買った中国緑茶で肝炎に

この事例は、今年9月有力医学誌BMJ (British Medical Journal)のケースレポートで発表されました。

16歳の少女が、めまい・吐き気・胃痛・関節痛を訴え主治医を受診、尿感染症が疑われ抗生物質を処方され帰宅します。自宅で処方された薬を2錠飲んだあとに症状が悪化し、今度は救外を受診。この時点で、少女には黄疸が出現し、何らかの原因で肝炎を患い、集中治療が必要なほど病状は極めて深刻だったといいます。

 

少女には、肝炎の引き金となるアルコール・違法ドラッグ・輸血・最近の渡航歴などの要因はありませんでした。
ではいったい、重篤な肝炎を引き起こした原因はなんだったのでしょうか?

 

医師らの原因究明で明らかになったことは、この少女はダイエット目的で100個入りの中国緑茶ティーパックを2箱オンラインで購入し毎日3杯飲んでいたということでした。

 

緑茶がダイエットに効く理由

「健康とダイエット」という一石二鳥感のある緑茶は、煎じるタイプからサプリメントまで幅広く手軽に購入できる商品として世界中に普及しています。

 

「茶は養生の仙薬・延命の妙薬なり」

4000年以上前から健康効果・効能が伝えられ、安全性の高い薬として扱われていた緑茶。「お茶は身体にいい」という認識は、私たち日本人にしっかり根付いています。なかでも最近、特に注目されているのが、抗酸化作用と脂肪を燃焼する効果であり、お茶の効用の多くが「カテキン」によることも研究で明らかとなりました。

 

緑茶ダイエット 2つの落とし穴

少女は集中治療の甲斐あり、短期間の入院で症状が改善し退院、2か月後には肝機能が正常値まで戻りました。

その後の詳しい調査の結果、少女が飲んでいた緑茶が肝炎を引き起こした原因であることがわかりました。

 

この事例検証で注目すべきは、2つの落とし穴です。

 

「天然」「オーガニック」のワナ

まず1つは、民間療法です。

民間療法は、自宅で手軽にできる健康法や予防法などで緑茶ダイエットも民間療法の1つです。特に食品の場合、「天然」や「ナチュラル」、もしくは「オーガニック」等と書いてあるだけで、副作用が少なく安全性が高いと想像されがちですが、決してそうではありません。今回の緑茶が引き起こした肝炎の事例は、民間療法の闇を浮き彫りにしました。

 

医師らは、緑茶自体は安全な飲み物であり、その効果・効能も認めています。しかし、緑茶の葉に含まれる添加物や殺虫剤などの化学物質が、肝炎の原因になった可能性があると検証しています。

 

実は、緑茶の健康被害は少なくはなく、肝不全を患い肝移植や死に至るケースも報告されていますが、消費者にこの情報が届くことはほとんどありません。

なぜなら、民間療法は処方薬とは異なり医学的根拠の証明や副作用のリスクの検証を必要としないからです。実際、商品に何が使われているか、どのような過程で生産されているかは謎だらけなのです。

 

インターネットで「健康」を買うリスク

さらに、少女が利用したオンラインは民間療法の闇をさらに深くしている2つ目の落とし穴です。

 

アメリカでは、ダイエット商品のビジネスは年間3兆円以上と言われ、そのほとんどがオンラインで購入できます。膨大な数の商品と世界中で売買されるオンラインショッピングは、統一した規則が難しく健康被害が報告されても野放し状態になっているのが現状です。

 

健康被害にあった少女は、以下のようなコメントを私たち消費者に向けて発信しています。

「私は2度とオンラインでダイエットティーやサプリメントは買わない。みんなもっと自分たちが何を買おうとしていて何が副作用として考えられるのか意識するべきだ。」

 

魅力的なうたい文句の広告に心を奪われがちなダイエット関連の商品をオンラインで購入される際は、少女の事例と言葉を思い出し慎重な行動を心掛けることが、健康被害を未然に防ぐ策なのかもしれません。

 

本日のKey Word :「due to」(~により)

医師の記録や事例検証などでよく目にする「due to」を紹介します。「due to」は「(原因があって)~により」や「~に起因して」という意味です。医療の現場では、原因となる出来事や病気と症状の関係などに使われます。

例えば、食中毒による下痢は「diarrhea due to food poisoning」、脳梗塞による嚥下困難は「difficulty swallowing due to stroke」です。

 

今回紹介したニュース原文で、「due to」を含むsentenceを紹介しましょう。

Teenager who drank three cups of green tea a day develops hepatitis and turns yellow due to liver damage.

(1日に3杯の緑茶を飲んだ10代の子が肝炎を発症し、肝障害により全身が黄色に染まっている)

 

【Source】

Teen Girl Develops Hepatitis After Drinking Green Tea Bought Online(ABC News)

 


【筆者】佐藤まりこ

2001年旭川医科大学医学部看護科を卒業。2010年California RN Licenseを取得後、LAでRN(Registered Nurse)として活躍中。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆初期診療(一次評価)で行うABCDEアプローチで、“E”にあたるものはどれでしょうか?

  1. 中枢神経障害
  2. 循環
  3. 呼吸
  4. 体温

3293人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8592人の年収・手当公開中!

給料明細を検索