看護用語辞典 ナースpedia キーワード:染色体

染色体とは・・・

染色体(せんしょくたい)とは、DNAがヒストンというタンパク質に巻き付いてできた構造物である。通常は確認できないが、細胞分裂のときに太いひも状になり、顕微鏡で観察できるようになる。このひも状の構造体が染色体である。染色体という名前は、観察用の色素に染まりやすいことからつけられた。

ヒトの細胞には、精子細胞や卵細胞のような生殖細胞と、それ以外の体をつくる体細胞があり、体細胞にあるのが染色体である。染色体の数は、生物の種類によって異なるが、ヒトは23対の染色体を持つ。ヒトの染色体は2セットで1組であり、このような染色体の持ち方をする生物を2倍体と呼ぶ。
染色体は常染色体と性染色体に分けられる。常染色体は22対あり、男性/女性とも変わらない。一方、残り1対の性染色体は男女で異なり、女性はX染色体が2本あるXX、男性はX染色体とY染色体からなるXYである。
常染色体には1~22番までの番号がつけられており、これは基本的には含まれるDNAの量で並べられている。

染色体は先天的に過不足が生じることがあり(染色体異常)、本来2本1組であるはずが(ダイソミーという)、1本しかないモノソミー、3本あるトリソミーなどがある。代表的な染色体異常はダウン症(21トリソミー)である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 遺伝と染色体|子孫をつくる(1)[10/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、生殖についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 免疫反応の流れ|守る(4) 解剖生理学の面白さを知るため、免疫反応の流れについて知り... [ 記事を読む ]

  • 染色体検査|血液・造血器系の検査[12/09up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、染色体検査について解説します。   〈目次〉 染色体検査とはどんな検査か 染色体検査の目的 染色体検査の適応 染色体検査の概要 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

言葉を使わず意思疎通できる?

「ブレイン・マシン・インターフェース」というシステムで正確性はおよそ75%とのこと。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

降水確率が何%以上だと、傘を持っていく?

投票数:
593
実施期間:
2017年06月06日 2017年06月27日

ナースシューズを手入れする頻度は?

投票数:
555
実施期間:
2017年06月09日 2017年06月30日

どのくらいの頻度で映画館に行く?

投票数:
522
実施期間:
2017年06月13日 2017年07月04日

「これが欲しい!」切実に思う“力”は?

投票数:
805
実施期間:
2017年06月16日 2017年07月07日

夜勤明けの天気、どっちが好き?

投票数:
450
実施期間:
2017年06月20日 2017年07月11日

大人気医療ドラマ「コード・ブルー」見る?

投票数:
403
実施期間:
2017年06月23日 2017年07月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4501

高血圧が既往にあったAさん。朝になっても起きてこないため、ご家族が見に行くと、Aさんの意識がなかったため、救急車を要請し、搬送されてきた。瞳孔を確認すると、内下方偏位(鼻先凝視)でした。Aさんの症候から何が考えられますか?

  • 1.被殻出血
  • 2.視床出血
  • 3.橋出血
  • 4.小脳出血
今日のクイズに挑戦!