看護用語辞典 ナースpedia キーワード:染色体

染色体とは・・・

染色体(せんしょくたい)とは、DNAがヒストンというタンパク質に巻き付いてできた構造物である。通常は確認できないが、細胞分裂のときに太いひも状になり、顕微鏡で観察できるようになる。このひも状の構造体が染色体である。染色体という名前は、観察用の色素に染まりやすいことからつけられた。

ヒトの細胞には、精子細胞や卵細胞のような生殖細胞と、それ以外の体をつくる体細胞があり、体細胞にあるのが染色体である。染色体の数は、生物の種類によって異なるが、ヒトは23対の染色体を持つ。ヒトの染色体は2セットで1組であり、このような染色体の持ち方をする生物を2倍体と呼ぶ。
染色体は常染色体と性染色体に分けられる。常染色体は22対あり、男性/女性とも変わらない。一方、残り1対の性染色体は男女で異なり、女性はX染色体が2本あるXX、男性はX染色体とY染色体からなるXYである。
常染色体には1~22番までの番号がつけられており、これは基本的には含まれるDNAの量で並べられている。

染色体は先天的に過不足が生じることがあり(染色体異常)、本来2本1組であるはずが(ダイソミーという)、1本しかないモノソミー、3本あるトリソミーなどがある。代表的な染色体異常はダウン症21トリソミー)である。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 遺伝と染色体|子孫をつくる(1)[10/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、生殖についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 免疫反応の流れ|守る(4) 解剖生理学の面白さを知るため、免疫反応の流れについて知り... [ 記事を読む ]

  • 染色体検査|血液・造血器系の検査[12/09up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、染色体検査について解説します。   〈目次〉 染色体検査とはどんな検査か 染色体検査の目的 染色体検査の適応 染色体検査の概要 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

第106回 看護師国家試験特集

直前に迫った看護師国家試験。直前の対策法や当日の持ち物など [ 記事を読む ]

どう考えてどう動く?

点滴の追加と検査室への患者さんの移動、どっちを優先する? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

【106回受験生限定】 国試終わったら何したい?

投票数:
172
実施期間:
2017年02月07日 2017年02月24日

職場での「義理チョコ」。あげる?あげない?

投票数:
268
実施期間:
2017年02月08日 2017年02月24日

看護師の国家試験、前日は何してた?

投票数:
372
実施期間:
2017年01月27日 2017年02月26日

国試会場、何分前についた?

投票数:
231
実施期間:
2017年02月13日 2017年02月28日

憧れる看護師、なりたい看護師ってどんな人?

投票数:
186
実施期間:
2017年02月17日 2017年03月16日
もっと見る