看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ペアン鉗子

ペアン鉗子とは・・・

ペアン鉗子(ぺあんかんし)とは、手術で使われる止血鉗子のひとつである。止血のほか、組織の把握にも用いられる。
コッヘル鉗子に似ているが、先端に鉤のないものを指す。ペアンは鉤がついていないためコッヘルに比べて把持する力は弱いが、組織への損傷が少ないという特徴がある。
考案者であるフランス人外科医ペアン(1830-1898)に由来する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高給与・休日多・教育◎・人間関係◎など…看護師さんの求人検索 詳細を見る 「他の職場を見てみませんか?」

ナースpediaのTOPへ戻る