看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ペアン鉗子

ペアン鉗子とは・・・

ペアン鉗子(ぺあんかんし)とは、手術で使われる止血鉗子のひとつである。止血のほか、組織の把握にも用いられる。
コッヘル鉗子に似ているが、先端に鉤のないものを指す。ペアンは鉤がついていないためコッヘルに比べて把持する力は弱いが、組織への損傷が少ないという特徴がある。
考案者であるフランス人外科医ペアン(1830-1898)に由来する。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • ペアン鉗子|鉗子(2)[11/18up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ペアン鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
264
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
234
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る