最終更新日 2018/12/21

中心静脈栄養

中心静脈栄養とは・・・

中心静脈栄養(ちゅうしんじょうみゃくえいよう、central venous nutrition;CVN)とは、中心静脈カテーテルを用いて高カロリー輸液を行うことである。完全静脈栄養(TPN)ともいう。

主に、経口的に栄養を取ることが困難な患者に対して使用する栄養摂取の方法である。高濃度ブドウ糖、アミノ酸、電解質、ビタミンなどを配合した人体に必要なすべての栄養を含んだ輸液剤を、通常の消費エネルギーと同等ないしそれ以上の熱量で中心静脈カテーテルから摂取する1)、2

 

引用参考文献
1)伊藤正男ほか編.医学書院 医学大辞典.第2版,医学書院,2009,3538p.(ISBN9784260005821)
2)“代謝・栄養・侵襲 用語ガイドライン 中心静脈栄養”.日本外科代謝栄養学会.

SNSシェア

この単語に関連する記事

用語辞典トップへ