看護用語辞典 ナースpedia キーワード:拡張型心筋症

拡張型心筋症とは・・・

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)とは、特発性拡張型(うっ血型)心筋症のことである。
DCM(Dilated Cardiomyopathy)。

心筋細胞の変質によって、とくに心室の壁が薄く伸び、心臓内部の空間が大きくなる病気。左心室の壁が伸びて血液をうまく送り出せなくなり、うっ血性心不全を引き起こす。左心室の血液を送り出す力は心臓の壁が薄く伸びるほど弱まるので、重傷度は心筋の伸びの度合いで決められる。
拡張型心筋症は、はっきりとした原因が不明の特定疾患(難病)である。拡張型心筋症の5年生存率は54%、10年生存率は36%と極めて不良だったが、現在では治療の進歩により5年生存率は76%に改善されたものの、突然死の発生は現在でもまれではない。

■症状:
はじめのうちは自覚症状はほとんどなく、運動時に動悸(どうき)や息切れを感じる程度であり、進行すると夜間発作性呼吸困難が出てくる。重症になると全身にむくみが発生し、心室頻拍心室細動といった危険な不整脈を起こして突然死する場合もある。心電図検査における不整脈やST-T異常、左脚ブロックなどの異常所見は重症化を示す。
■治療法:
初期~中期であれば投薬療法が採用されるが、重症患者の場合は外科的治療が行われ、現在のところ明らかに有効な治療法は心臓移植しかない。日本で行われる心移植適応例の80%以上はこの病気である。

心臓が大きくなってしまう心疾患には他に肥大型心筋症がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高給与・休日多・教育◎・人間関係◎など…看護師さんの求人検索 詳細を見る 「他の職場を見てみませんか?」

ナースpediaのTOPへ戻る