看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ABI(Ankle Brachial Pressure Index)

ABI(Ankle Brachial Pressure Index)とは・・・

ABI(えーびーあい、Ankle Brachial Pressure Index)とは、足関節上腕血圧比のことである。
動脈硬化の進行度を調べる指標のひとつで、血管のつまり具合を検査する。
通常、横になった状態で両腕・両足の血圧を測定すると、足首の方がやや高い値になる。ところが、血管に詰まりがある場合、そこから下流の血圧が低下し、足関節の血圧/上腕の血圧の比(ABI)が低くなる。ABIが0.9以下の場合、その動脈が狭窄していると判断され、動脈硬化の進行が疑われる。
ABIの低下は、下肢動脈だけでなく、全身に動脈硬化があることを示す。

動脈硬化の進行を判断する指標にはほかにCAVI(Cardio Ankle Vascular Index)あるいはPWV(Pulse Wave Velocity)がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高給与・休日多・教育◎・人間関係◎など…看護師さんの求人検索 詳細を見る 「他の職場を見てみませんか?」

ナースpediaのTOPへ戻る