看護用語辞典 ナースpedia キーワード:血管造影検査

血管造影検査とは・・・

血管造影検査(けっかんぞうえいけんさ)とは、X線などを利用して血管を撮影し、血管の病変や、がんなどの悪性腫瘍の広がりを診断する方法のことである。アンギオともいう。
通常、血管はレントゲンに写し出されることはないが、水溶性ヨード造影剤などX線不透過の薬剤(造影剤)を血管に注入したうえでX線撮影を行うことで、その形状をレントゲンに写し出すことができる。

■方法
足の付け根や腕から針を刺し、カテーテルを血管に挿入、目的の血管まで先端を進め、造影剤を注入する。その後、撮影・診断を行う。

血管造影検査には、CTスキャンやMRIに比べて発症部の血管周辺を細かく検査できるという長所がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
264
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
234
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る