看護用語辞典 ナースpedia キーワード:大動脈冠動脈バイパス術

大動脈冠動脈バイパス術とは・・・

動脈冠動脈バイパス術(だいどうみゃくかんどうみゃくばいぱすじゅつ)とは、虚血性心疾患の治療のため、全身麻酔下で行われる血流量の回復をはかる手術のこと。CABG(coronary artery bypass graft)。

心臓の筋肉(心筋)への酸素供給量が低下する冠動脈の狭窄、閉塞による血流量の低下を、狭窄部をバイパスして心筋へ酸素を供給する新しい血液の通り道(グラフト)をつくることで解消する手術。

バイパスの役割を持たせる血管をグラフトと言い、以前は静脈を使う静脈グラフトを行っていたが、静脈に比べて動脈を使用した方が、術後にグラフトが詰まりにくいことが明らかになり、現在は動脈を使う動脈グラフトが主流となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高給与・休日多・教育◎・人間関係◎など…看護師さんの求人検索 詳細を見る 「他の職場を見てみませんか?」

ナースpediaのTOPへ戻る