最終更新日 2019/05/13

集中治療室

集中治療室とは・・・

集中治療室(しゅうちゅうちりょうしつ、Intensive Care Unit;ICU)とは、重篤な患者に対し、医師や看護師が24時間体制で高度な医療・看護を行うことを目的とした、病院内の施設のことである。
急性心不全脳卒中、致死性不整脈といった急性症状を起こした患者のほか、高度な術後管理が必要な患者などが収容される。

集中治療室の中でも下記のような施設基準を満たし、厚生労働省の認定を受けたものは特定集中治療室と呼ばれる。
(1)ICU専従医が常時ICU内に勤務している。
(2)看護師が患者2人に1人の割合で常時勤務している。
(3)専用の特定集中治療室を有しており、特定集中治療室の広さは1床当たり20平方メートル以上である。ただし新生児用の特定集中治療室の場合は、1床当たり9平方メートル以上である。
(4)以下の装置および器具を特定集中治療室内に常時備えている。
  1.救急蘇生装置(気管内挿管セット、人工呼吸装置等)
  2.除細動器
  3.ペースメーカー
  4.心電計
  5.ポータブルエックス線撮影装置
  6.呼吸循環監視装置
(5)新看護または基準看護を行っていて、かつ自家発電装置を有している病院で、当該病院において電解質定量検査、血液ガス分析を含む必要な検査が常時実施できる。
(6)特定集中治療室内の清浄度はバイオクリーンルームである。
(7)治療室勤務の医師及び看護師は、当該治療室に勤務している時間帯は、治療室以外での当直勤務を併せて行わない。

2017年10月1日現在、全国一般病院にある特定集中治療室は712、病床数は6298床である。新生児特定集中治療室(NICU)は353(3289床)や脳卒中集中治療室(SCU)は162(1295床)、心臓内科系集中治療室(CCU)は287(1670床)。
 

SNSシェア

この単語に関連する記事

用語辞典トップへ