看護用語辞典 ナースpedia キーワード:CPR

CPRとは・・・

CPR(しーぴーあーる、Cardio Pulmonary Resuscitation)とは、呼吸や心臓が停止している救急患者に対して行う、心肺蘇生法のことである。呼吸も心臓も止まってしまうと、脳へ酸素を送ることができずに脳死してしまう危険性があるため、酸素供給を維持する目的で行われる。

CPRは、特に救急車を読んでから救急隊が到着するまでの間に行われることが多い。CPRを行うか行わないかによって、その後に助かる確率が大きく変わる。呼吸停止や心停止に陥るとわずか数分で不可逆的な状態に陥るため、周辺にいる人(バイスタンダー)が救急隊の到着前に早急に心肺蘇生を行うことが大切である。

なお、心肺蘇生法は、特殊な器具や医薬品を用いずに周辺にいる人が行う一次救命処置(BLS(Basic Life Support))と、医師や医師の指示のもとに十分に訓練を受けた救急救命士や看護師が実施する医療機器を用いて行う二次救命処置(ALS(Advanced Life Support))に大別される。

■心肺蘇生法の手順

(1)周辺状況の確認
二次災害を防ぐため、周囲の安全を確認する。

(2)意識の確認
肩をたたきながら、患者の耳元で「大丈夫ですか?」などと声をかけ、意識の有無を確認する。

(3)119番通報と、AEDの手配
反応がなかったら、周辺の人に大声で助けを求め、119番通報とAEDの手配を依頼する

(4)呼吸の確認
患者の胸部・腹部の動きを10秒以内で観察する。

(5)胸骨圧迫
胸の中心部分に両手を重ね、手の付け根の部分に力を入れて胸が5cm程度沈むように圧迫する。圧迫回数は、1分間に100~120回程度の速さで行う。

(6)気道確保・人工呼吸
気道を確保したのち、人工呼吸を2回行う。
人工呼吸は、約1秒かけて、胸が上がるだけの量を2回吹き込む。

(7)AEDの到着まで、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返す

(8)AEDによる心配蘇生を行う


心肺蘇生の方法・手順については、日本では2010年に日本蘇生協議会(JRC)が国際ガイドラインに基づいたガイドラインを制定し、5年ごとに更新している。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
822
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
757
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
582
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者187

88歳の女性。庭で倒れているところを帰宅した家族に発見され、救急車で搬送されました。救急隊の情報では、患者さんのそばには空の農薬の瓶があり、また患者さんの顔や口には白濁した吐物が付着し、その吐物や呼気からニンニク臭がしているとのことでした。病院到着後も流涎と発汗が著しく、振戦のような筋肉の動きが見られています。病院到着後のバイタルサインは下図のとおりです。この患者さんに対して行う最も適切な対応はどれでしょうか?

  • 1.薬物の吸収を阻害するために、気管挿管前に胃洗浄を行い、活性炭を投与する。
  • 2.SpO2低下があるが、過剰な酸素投与は肺の線維化を促進するため、最低限の酸素投与にとどめる。
  • 3.ムスカリン様作用である縮瞳や徐脈があるため、硫酸アトロピンを投与する。
  • 4.薬物を排出させるために、血液浄化療法を始める。
今日のクイズに挑戦!