看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ボルグスケール

ボルグスケールとは・・・

ボルグ・スケール(ぼるぐ・すけーる)とは、運動の際に個人が「きつい」と感じる段階を表した主観的運動強度のことである。自覚的運動強度とも言う。
スウェーデンの心理学者であるグンナー・ボルグが開発した運動強度の目安のことで、主観的に「きつい」と感じる段階を「感じない」から「かなりきつい」までの15段階で表しており、これを簡略化して11段階にした新ボルグスケールもある。
個人にとって適度な運動の強度を測るのに有効で、医療の現場では主にリハビリテーションなどで利用されている。その際は新ボルグスケールが用いられることが多い。


■強度の段階
ボルグスケールは6~20の15段階で運動強度を表しているが、新ボルグスケールでは、強度の段階を0~10の11段階で表している。

・ボルグスケール
非常に弱い(6~7)
やや弱い(8~9)
弱い(10~11)
多少強い(12~13)
強い(14~15)
とても強い(16~17)
非常に強い(18~20)

・新ボルグスケール
感じない(0)
非常に弱い(0.5)
やや弱い(1)
弱い(2)
多少強い(3~4)
強い(5~6)
とても強い(7~9)
非常に強い(10)

■利用される現場
医療では、主に以下の現場で利用されている。
・個人ごとのリハビリテーションのメニュー作成
生活習慣病の予防
呼吸困難の評価

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

コミュニティナースって知ってる?

「町を健康にする」看護師の取り組みをマンガでご紹介します。 [ 記事を読む ]

睡眠障害Q&A

「夜中に目が覚める」「熟睡できない」そんな患者さんのケアは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

習い事、何してる?

投票数:
458
実施期間:
2017年04月07日 2017年04月28日

おしゃれだな、と思うアイテムどれ?

投票数:
546
実施期間:
2017年04月09日 2017年04月30日

ナースのサービス残業。その実態は?

投票数:
457
実施期間:
2017年04月12日 2017年05月03日

「あの頃」に戻れるならいつがいい?

投票数:
457
実施期間:
2017年04月14日 2017年05月05日

CMで、看護師のイメージアップのためのキャラクター誰がいい?

投票数:
502
実施期間:
2017年04月18日 2017年05月09日

業務中、どのくらいマスクしてる?

投票数:
410
実施期間:
2017年04月21日 2017年05月12日

恋人と別れた理由…何だった?

投票数:
298
実施期間:
2017年04月25日 2017年05月16日

夜勤の仮眠、一緒に入ってる人が寝過ごしたらどうする?

投票数:
36
実施期間:
2017年04月28日 2017年05月19日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者401

血液疾患を疑われて内科病棟に検査入院中の、83歳の女性患者さん。血小板は低値ですが、ADLは自立しています。夜間、トイレに行こうとして、転倒し、しりもちをつきました。本人は「大丈夫」とのことでしたが、痛みが激しいため、鎮痛薬が処方されました。翌朝のバイタルサインは体温35.8℃、脈拍数134回/分、血圧80/45mmHg、呼吸回数30回/分、SpO2は手が冷たく、測定できませんでした。患者さんに起こっている病態として、念頭におくべきことは何でしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック
  • 2.循環血液量減少性ショック
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック
  • 4.心原性ショック
今日のクイズに挑戦!