看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ボルグスケール

ボルグスケールとは・・・

ボルグ・スケール(ぼるぐ・すけーる)とは、運動の際に個人が「きつい」と感じる段階を表した主観的運動強度のことである。自覚的運動強度とも言う。
スウェーデンの心理学者であるグンナー・ボルグが開発した運動強度の目安のことで、主観的に「きつい」と感じる段階を「感じない」から「かなりきつい」までの15段階で表しており、これを簡略化して11段階にした新ボルグスケールもある。
個人にとって適度な運動の強度を測るのに有効で、医療の現場では主にリハビリテーションなどで利用されている。その際は新ボルグスケールが用いられることが多い。


■強度の段階
ボルグスケールは6~20の15段階で運動強度を表しているが、新ボルグスケールでは、強度の段階を0~10の11段階で表している。

・ボルグスケール
非常に弱い(6~7)
やや弱い(8~9)
弱い(10~11)
多少強い(12~13)
強い(14~15)
とても強い(16~17)
非常に強い(18~20)

・新ボルグスケール
感じない(0)
非常に弱い(0.5)
やや弱い(1)
弱い(2)
多少強い(3~4)
強い(5~6)
とても強い(7~9)
非常に強い(10)

■利用される現場
医療では、主に以下の現場で利用されている。
・個人ごとのリハビリテーションのメニュー作成
生活習慣病の予防
呼吸困難の評価

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
303
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
279
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
252
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
189
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る