看護用語辞典 ナースpedia キーワード:メラニン

メラニンとは・・・

メラニン(めらにん)とは、メラノサイト(色素産生細胞)で合成される色素である。黒褐色のメラニンを真性メラニン、橙赤色のメラニンを亜メラニンと呼ぶ。脊椎動物では主に皮膚や毛髪などにあるメラノサイトで合成される。アルカリには溶けるが水には溶けない。

■産生過程
アミノ酸の1つであるチロシンから産生される。チロシンがチロシナーゼという酸化酵素の働きによって様々に変化し、メラニンへと変わっていく。

■働き
メラニンの働きは、太陽からの紫外線を吸収することで、細胞のDNA欠損を防ぐことである。

■シミになるメカニズム
紫外線によって角化細胞が刺激を受けると、色素細胞が活発化し、メラニンが過剰に生成される。過剰に作りだされたメラニンが体外へ排出しきれずに残ったものが、シミとなって現れる。

■アルビノ
・先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患をアルビノという。全身の色素が欠乏し、皮膚や体毛などが白色またはそれに近い薄色となる。毛細血管が透けて見えてしまうため、瞳孔は赤味をおびる。

・視覚障害を持つ場合が多い。また、メラニンによる皮膚防御機能が働かないため、皮膚がんになりやすい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

小児科のお仕事って?

配属希望選びの参考に読んでみてください。 [ 記事を読む ]

胸部X線検査

判読のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
312
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
291
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
275
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
253
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る