看護用語辞典 ナースpedia キーワード:痙縮

痙縮とは・・・

痙縮(けいしゅく)とは、脳卒中脳性麻痺など、脳や脊髄の損傷によって起こる運動障害の1つである。痙性ともいう。

【原因】
反射を抑える脳からの抑制性信号が運動神経に届かなくなることによる。

【症状】
筋肉が過度に緊張することで、動作がぎこちなくなったり、勝手に身体が動いたりするなどの症状を呈す。痙縮症状が続くと、日常生活に支障をきたすだけでなく、筋肉自体が固くなって動きにくくなる拘縮になる場合もある。

【治療】
症状の程度や原因疾患の病期を考慮し、リハビリテーション、薬物療法、神経ブロック注射、外科的療法などを組み合わせて行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
309
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
286
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
266
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
240
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る