看護用語辞典 ナースpedia キーワード:痙縮

痙縮とは・・・

痙縮(けいしゅく)とは、脳卒中脳性麻痺など、脳や脊髄の損傷によって起こる運動障害の1つである。痙性ともいう。

【原因】
反射を抑える脳からの抑制性信号が運動神経に届かなくなることによる。

【症状】
筋肉が過度に緊張することで、動作がぎこちなくなったり、勝手に身体が動いたりするなどの症状を呈す。痙縮症状が続くと、日常生活に支障をきたすだけでなく、筋肉自体が固くなって動きにくくなる拘縮になる場合もある。

【治療】
症状の程度や原因疾患の病期を考慮し、リハビリテーション、薬物療法、神経ブロック注射、外科的療法などを組み合わせて行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

整形外科看護師のお仕事とは?

現役ナースへの取材から整形外科のお仕事を完全解説します! [ 記事を読む ]

どう考えてどう動く?

点滴の追加と検査室への患者さんの移動、どっちを優先する? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の国家試験、前日は何してた?

投票数:
384
実施期間:
2017年01月27日 2017年02月26日

国試会場、何分前についた?

投票数:
265
実施期間:
2017年02月13日 2017年02月28日

「緩和ケア」ナースに質問ができるとしたら…何を聞きたい?

投票数:
301
実施期間:
2017年02月21日 2017年03月14日

憧れる看護師、なりたい看護師ってどんな人?

投票数:
262
実施期間:
2017年02月17日 2017年03月16日

【2交代】夜勤13時間 or 16時間、どっちがいい?

投票数:
168
実施期間:
2017年02月24日 2017年03月17日
もっと見る