1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 糖尿病・透析ケア >
  3. 透析療法指導看護師

透析療法指導看護師

2015年06月23日

透析療法・ケアの先頭に立てる

 

【1】「透析療法指導看護師」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「透析療法指導看護師」ってどんな資格?

透析看護の分野に精通し、熟練した看護技術と知識を持っている人に与えられる資格で6学会合同の認定資格。人工透析を受けている患者は今や全国で30万人を超えており、患者さんにより寄り添った看護が期待できる透析療法指導看護師の増加が求められています。

 

資格取得のメリット

【1】透析看護のスペシャリストになれる

資格取得により、透析療法のスペシャリストとして知識と技術を持っているという評価が得ることができます。

 

【2】透析医療チームに参加できる

医師や理学療法士、薬剤師などとチームを作り、よりよい環境で患者の治療にあたることができます。透析を受ける、あるいはもうすぐ受けなければならない状態の患者さんには治療に対する不安緩和と知識指導、生活の調整など多くの援助が必要とされています。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 40,000円程度(試験料30,000円+認定料10,000円+諸経費)

在宅学習 不可(学会・学会が指定したセミナー等への参加必須)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…あり

日本腎不全看護学会正会員歴が継続して3年以上あること

 

【2】臨床経験の必要性…あり

腎不全看護領域実務経験が通算3年以上あること
(1)看護師5年以上
(2)腎不全看護領域実務経験3年以上
※(1)(2)のいずれも有すること

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

受験資格ポイントが30ポイント以上取得できていること(ポイント取得対象の学術集会・セミナーなどへの参加が必要。6学会以外の透析関連研究会などでもポイントが得られる)
 

 

認定までの流れ

【1】学術集会・各種セミナー・研究会などに随時参加

・受験資格ポイントが30ポイント以上取得できていることが必要

 

【2】認定審査

・日程:随時実施

・申し込み方法:申込用紙(FAX)にて実施要項(受験申請書類)を請求する

・受験地:東京・大阪・福岡の3会場(詳細については受験者に通知。 基本的に受験者は選択できません)

・審査料:30,000円 

 

【3】認定

・認定費用:10,000円

 

【4】更新

・5年ごとに更新

※70ポイント(学会が定めるポイント。講習会・セミナー参加等で取得可能)

※登録更新料:10,000円

 

資格承認団体

日本腎不全看護学会、日本透析医学会、日本腎臓学会、日本移植学会、日本泌尿器科学会、日本腹膜透析医学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日