血管診療技師(CVT)

2015年06月23日

ニーズ高まる心血管疾患のエキスパートになれる

 

【1】「血管診療技師(CVT)」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「血管診療技師(CVT)」ってどんな資格?

脈管領域の診療に従事するのに必要な専門知識と技術を持った者に与えられる資格。業務としては脈管領域の無侵襲診断と介助、医師による侵襲的診断・治療の介助などがあります。

 

資格取得のメリット

【1】現在、CVTのニーズが拡大中

心血管疾患は近年増加傾向にあり、高齢化にともないさらに増えるだろうと言われている。そのため脈管領域の検査・治療も増えており、専門家と認定される血管診療技師への需要は高まっている。職場での活躍の場が広がるだけでなく、転職の際にも有利に働く可能性あり。

資格データ(認定数・費用など)

費用 30,000円程度(審査料10,000円+認定料10,000円+更新料10,000円)

取得までの期間 半年~1年程度

在宅学習 不可(認定講習会へのの参加必須)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…あり

看護師は3年以上 、准看護師は5年以上の実務経験を有し、血管疾患を専門とする医師のもとで十分な血管疾患診療の経験があること。

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

学会が定めた認定講習会を受講することが必要

 

認定までの流れ

【1】講習会

学会が定めた認定講習会を受講することが必要

・開催時期:毎年5月、7月、10月の年3回。詳細はHPで発表。

・申し込み方法:学会のHPより予約

 

【2】認定審査

・日程:毎年5~6月ごろ ※日本静脈学会総会と同時期におこなわれる。

・申し込み方法:HPより申し込み手続きをしてから申請書類を作成・郵送か電子メールで提出

・受講料:HPにて発表

・審査料:10,000円 

 

【3】認定

・認定料:10,000円

 

【4】更新

5年ごとに更新

※登録更新料:5,000円

※5年ごと。学会参加などで、学会が定めた50単位以上を取得する必要がある。

資格承認団体

3学会構成血管診療技師認定機構(日本血管外科学会、日本脈管学会、日本静脈学会)

 

記事最終更新日

2016年11月8日