血管診療技師(CVT)

2015年06月23日

ニーズ高まる心血管疾患のエキスパートになれる

 

【1】「血管診療技師(CVT)」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「血管診療技師(CVT)」ってどんな資格?

脈管領域の診療に従事するのに必要な専門知識と技術を持った者に与えられる資格。業務としては脈管領域の無侵襲診断と介助、医師による侵襲的診断・治療の介助などがあります。

 

資格取得のメリット

【1】現在、CVTのニーズが拡大中

心血管疾患は近年増加傾向にあり、高齢化にともないさらに増えるだろうと言われている。そのため脈管領域の検査・治療も増えており、専門家と認定される血管診療技師への需要は高まっている。職場での活躍の場が広がるだけでなく、転職の際にも有利に働く可能性あり。

資格データ(認定数・費用など)

費用 30,000円程度(審査料10,000円+認定料10,000円+更新料10,000円)

取得までの期間 半年~1年程度

在宅学習 不可(認定講習会へのの参加必須)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…あり

看護師は3年以上 、准看護師は5年以上の実務経験を有し、血管疾患を専門とする医師のもとで十分な血管疾患診療の経験があること。

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

学会が定めた認定講習会を受講することが必要

 

認定までの流れ

【1】講習会

学会が定めた認定講習会を受講することが必要

・開催時期:毎年5月、7月、10月の年3回。詳細はHPで発表。

・申し込み方法:学会のHPより予約

 

【2】認定審査

・日程:毎年5~6月ごろ ※日本静脈学会総会と同時期におこなわれる。

・申し込み方法:HPより申し込み手続きをしてから申請書類を作成・郵送か電子メールで提出

・受講料:HPにて発表

・審査料:10,000円 

 

【3】認定

・認定料:10,000円

 

【4】更新

5年ごとに更新

※登録更新料:5,000円

※5年ごと。学会参加などで、学会が定めた50単位以上を取得する必要がある。

資格承認団体

3学会構成血管診療技師認定機構(日本血管外科学会、日本脈管学会、日本静脈学会)

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
853
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
822
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
773
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
453
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
306
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3320

一人暮らしの82歳男性患者さん。糖尿病で血糖下降薬を内服中です。病院より数種類の内服薬が1日3回処方されていますが、定時に内服したかどうか忘れてしまうことが多くなってきています。血糖コントロールに影響するため、主治医から内服管理を主な目的として、訪問看護の依頼がありました。現在は、内服薬の飲み忘れ以外では、大きな問題はなく生活ができています。以下のうち、訪問看護師の内服管理の方法で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.内服薬の飲み方について手順書を作成し、壁に貼って確認をするように指導した。訪問看護師は、訪問時に患者さんに内服が手順通りにできているかを患者さん本人に聞くようにした。
  • 2.訪問看護師が一包化した処方薬ごとに内服する日にちと曜日を記入し、配薬カレンダーに配薬した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを見て、正しく内服しているか確認した。
  • 3.一包化した処方薬ごとに、患者さん自身で、内服する日にちと曜日を書き入れてもらい、配薬カレンダーに入れるように指導した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを確認して正しく内服しているか確認した。
  • 4.訪問看護師が薬の袋に内服する時間を記入した。患者さん自身でその都度、ヒートのままの数種類の薬を取り出し、内服するように指導した。訪問看護師は、訪問時に残薬数の確認をして正しく内服できているか確認した。
今日のクイズに挑戦!