1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. PALSプロバイダー

PALSプロバイダー

2015年06月23日

小児緊急時対応のエキスパートに

監修:飯村 知広

小児救急看護認定看護師

 

 

【1】「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

PALS(Pediatric Advanced Life Support:小児二次救命処置)の知識と技術を持ったものに与えられる資格。心停止を未然に防ぐアセスメントから心停止後の二次救命処置までを幅広くカバーしている小児の急変対応コース。

 

小児は成人と比較すると、予備力が少なく状態悪化の速度が早い場合があります。気がついた時には呼吸停止や心配停止に至る直前の状態ということも。そういった事態を事前に防ぐためにPALSプロバイダーコースでは患者のアセスメント技法を学習します。PALSを受講することで、状態悪化の異変に気づき、急変を未然に防ぐことが可能となります。PALSの学習内容は成人のアセスメントにも応用できるため、小児に関わる看護師はもちろん、小児系の看護師以外でも大きなスキルアップとなります。

 

PALSの勉強は難しいと思われがちですが、コースはわかりやすく体系化されているためポイントをおさえれば覚えやすく、一度身につけておくと急変対応時に活用できます。

 

 

資格取得のメリット

【1】日々の業務や転職に有利に

急性期病院・病棟や小児専門病院などに勤務しているナースであれば、日々の業務に活用できるだけではなく、転職の際にも有利に働く可能性があります。

 

【2】現場ですぐに活用できる

体系化されたアプローチ方法で緊急度を判断し、小児科専門医に引き継ぐまでいかに安定化させるかを学ぶことができるため、現場ですぐに活かすことができます。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 35,000~45,000円程度(開催団体により異なる)

講習会の期間 原則として2日

条件 講習会への参加が必須

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…あると望ましいが、必須ではない

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

全国で随時開催されている講習会への参加が必須

 

認定までの流れ

【1】講習会への参加

・全国で随時開催されている。開催スケジュールは資格承認団体HPを参照。

・講習会費用:35,000~45,000円

 

【2】認定審査

・講習会中に、筆記試験と実技試験がある

 

【3】認定

・認定料は講習会費用に含まれている

 

【4】更新

2年ごとに更新

 

 

資格承認団体

日本医療教授システム学会(JSISH)

日本BLS協会(JBA)

日本ACLS協会(JAA)

福井県済生会病院(FSH)

ACLS JAPAN

 

記事最終更新日

2017年5月10日

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

仕事での調べ物、何が一番多い?

投票数:
817
実施期間:
2017年09月29日 2017年10月20日

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
603
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
706
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
596
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
520
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
432
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
189
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3792

Aさんは、気管カニューレを挿入し、人口呼吸器を使用した状態で、自宅へ退院する予定です。Aさんのご家族への吸引指導として、適切な内容はどれでしょうか?

  • 1.気管吸引は、多少時間が長くても差し支えないので、きちんと痰を取りきる。
  • 2.気管内は清潔であり、清潔な手袋を使うため、吸引を行う際には手洗いを実施する必要はない。
  • 3.口腔内より先に気管カニューレから吸引する。
  • 4.清潔を維持するために、吸引瓶は随時、消毒を行う。
今日のクイズに挑戦!