1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. PALSプロバイダー

PALSプロバイダー

2015年06月23日

小児急性のエキスパートになれる

 

【1】「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

小児二次救命処置提供者の知識と技術を持ったものに与えられる資格。心停止を未然に防ぐ介入から心停止後の二次救命処置までを幅広くカバーしている小児の急変対応コース。

 

以前では治療が難しかった小児に対する重い病気も医療の進歩により救えることが多くなってきました。しかし一時救急が遅れ、あるいは病気やケガの程度が重度で心肺停止にいたることもあります。小児の救命は体力などの関係から、成人よりも難しいケースが多いですが、成人の救命とともにPALSを学んでおくと小児専門の医療機関以外でも重宝されます。

 

PALSの勉強は難しいと思われがちだが、コースはわかりやすく体系化されているためポイントをおさえれば覚えやすく、一度身につけておくと急変対応時に活用できます。

 

 

資格取得のメリット

【1】日々の業務や転職に有利に

急性期病院・病棟や小児専門病院などに勤務しているナースであれば、学んでおけば日々の業務に活用できるだけではなく、転職の際にも有利に働く可能性がぐっと上がります。

 

【2】現場ですぐに活用できる

できるだけシンプルな方法で緊急度を判断し、小児科専門医に引き継ぐまでいかに安定化させるかを学ぶことができるため、現場ですぐに活かすことができる。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 約42,300円(講習会への参加)

取得までの期間 講習会の日程による

在宅学習 講習会への参加が必須

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…なし

相応の知識は求められるが、医療職以外の一般参加も可能

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

全国で随時開催されている講習会への参加が必須

 

認定までの流れ

【1】講習会への参加

・全国で随時開催されている。開催スケジュールはHPを参照。

・講習会費用:42,300円

 

【2】認定審査

・講習会後に、筆記試験がある

 

【3】認定

・認定料は講習会費用に含まれている

 

【4】更新

2年ごとに更新。リニューアルコースを受講する必要がある。

※更新料:19,100円

 

 

資格承認団体

日本ACLS協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
291
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
262
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
230
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
132
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る