1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. PALSプロバイダー

PALSプロバイダー

2015年06月23日

小児緊急時対応のエキスパートに

監修:飯村 知広

小児救急看護認定看護師

 

 

【1】「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

PALS(Pediatric Advanced Life Support:小児二次救命処置)の知識と技術を持ったものに与えられる資格。心停止を未然に防ぐアセスメントから心停止後の二次救命処置までを幅広くカバーしている小児の急変対応コース。

 

小児は成人と比較すると、予備力が少なく状態悪化の速度が早い場合があります。気がついた時には呼吸停止や心配停止に至る直前の状態ということも。そういった事態を事前に防ぐためにPALSプロバイダーコースでは患者のアセスメント技法を学習します。PALSを受講することで、状態悪化の異変に気づき、急変を未然に防ぐことが可能となります。PALSの学習内容は成人のアセスメントにも応用できるため、小児に関わる看護師はもちろん、小児系の看護師以外でも大きなスキルアップとなります。

 

PALSの勉強は難しいと思われがちですが、コースはわかりやすく体系化されているためポイントをおさえれば覚えやすく、一度身につけておくと急変対応時に活用できます。

 

 

資格取得のメリット

【1】日々の業務や転職に有利に

急性期病院・病棟や小児専門病院などに勤務しているナースであれば、日々の業務に活用できるだけではなく、転職の際にも有利に働く可能性があります。

 

【2】現場ですぐに活用できる

体系化されたアプローチ方法で緊急度を判断し、小児科専門医に引き継ぐまでいかに安定化させるかを学ぶことができるため、現場ですぐに活かすことができます。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 35,000~45,000円程度(開催団体により異なる)

講習会の期間 原則として2日

条件 講習会への参加が必須

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…あると望ましいが、必須ではない

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

全国で随時開催されている講習会への参加が必須

 

認定までの流れ

【1】講習会への参加

・全国で随時開催されている。開催スケジュールは資格承認団体HPを参照。

・講習会費用:35,000~45,000円

 

【2】認定審査

・講習会中に、筆記試験と実技試験がある

 

【3】認定

・認定料は講習会費用に含まれている

 

【4】更新

2年ごとに更新

 

 

資格承認団体

日本医療教授システム学会(JSISH)

日本BLS協会(JBA)

日本ACLS協会(JAA)

福井県済生会病院(FSH)

ACLS JAPAN

 

記事最終更新日

2017年5月10日

いちおし記事

癒し系ドクターの裏の顔

優しく仕事のできる癒し系ドクター。見た目のキャラとは裏腹に…! [ 記事を読む ]

モニター心電図の装着法

どこに、どんなふうに貼るでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

リフレッシュ休暇!もし10日もらえたらどこへ行く?

投票数:
1160
実施期間:
2018年05月01日 2018年05月22日

「辞めたい」のは看護師?職場?

投票数:
864
実施期間:
2018年05月04日 2018年05月25日

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
799
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
700
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
631
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
539
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2875

80歳女性Aさんは、入院前は一人暮らしをしており、活動的な性格でした。身体疾患の治療が終わり、退院の調整に入ったころから「何もしたくない」と言い始め、一日を通して臥床している時間が長く、食事と排泄以外は自発的な行動が見られない状況でした。次の選択肢のうち、Aさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.身体的苦痛がないか、全身状態を観察する。
  • 2.退院後の生活について話を聞いてみる。
  • 3.うつ病を疑い、GDSにて評価する。
  • 4.「気分転換に散歩しましょう」と離床を促す。
今日のクイズに挑戦!