1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. PALSプロバイダー

PALSプロバイダー

2015年06月23日

小児緊急時対応のエキスパートに

監修:飯村 知広

小児救急看護認定看護師

 

 

【1】「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「PALSプロバイダー」ってどんな資格?

PALS(Pediatric Advanced Life Support:小児二次救命処置)の知識と技術を持ったものに与えられる資格。心停止を未然に防ぐアセスメントから心停止後の二次救命処置までを幅広くカバーしている小児の急変対応コース。

 

小児は成人と比較すると、予備力が少なく状態悪化の速度が早い場合があります。気がついた時には呼吸停止や心配停止に至る直前の状態ということも。そういった事態を事前に防ぐためにPALSプロバイダーコースでは患者のアセスメント技法を学習します。PALSを受講することで、状態悪化の異変に気づき、急変を未然に防ぐことが可能となります。PALSの学習内容は成人のアセスメントにも応用できるため、小児に関わる看護師はもちろん、小児系の看護師以外でも大きなスキルアップとなります。

 

PALSの勉強は難しいと思われがちですが、コースはわかりやすく体系化されているためポイントをおさえれば覚えやすく、一度身につけておくと急変対応時に活用できます。

 

 

資格取得のメリット

【1】日々の業務や転職に有利に

急性期病院・病棟や小児専門病院などに勤務しているナースであれば、日々の業務に活用できるだけではなく、転職の際にも有利に働く可能性があります。

 

【2】現場ですぐに活用できる

体系化されたアプローチ方法で緊急度を判断し、小児科専門医に引き継ぐまでいかに安定化させるかを学ぶことができるため、現場ですぐに活かすことができます。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 35,000~45,000円程度(開催団体により異なる)

講習会の期間 原則として2日

条件 講習会への参加が必須

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…なし

 

【2】臨床経験の必要性…あると望ましいが、必須ではない

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

全国で随時開催されている講習会への参加が必須

 

認定までの流れ

【1】講習会への参加

・全国で随時開催されている。開催スケジュールは資格承認団体HPを参照。

・講習会費用:35,000~45,000円

 

【2】認定審査

・講習会中に、筆記試験と実技試験がある

 

【3】認定

・認定料は講習会費用に含まれている

 

【4】更新

2年ごとに更新

 

 

資格承認団体

日本医療教授システム学会(JSISH)

日本BLS協会(JBA)

日本ACLS協会(JAA)

福井県済生会病院(FSH)

ACLS JAPAN

 

記事最終更新日

2017年5月10日

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者833

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!