1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. ACLSプロバイダー

ACLSプロバイダー

2015年06月23日

救急看護のプロフェッショナルになれる

 

【1】「ACLSプロバイダー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「ACLSプロバイダー」ってどんな資格?

ACLS(二次救命処置)における、高度な心肺蘇生法を学ぶ資格。薬剤投与や気管挿管、さらには重症不整脈急性冠症候群脳卒中の初期治療を学ぶことができます。

 

急性期病院だけではなく、慢性期病院であっても待合室で診察を待っている最中や検査中に患者さんが心肺停止状態におちいることはよくあり、そんな場合でも、きちんと対処できる専門的な知識と技術を持っていれば、患者さんに適切な対応を行うことができます。急性期・慢性期問わず有資格者へのニーズは高まっている。

 

資格取得のメリット

【1】救急ケア実践者の知識・技術向上に役立つ

BLSヘルスプロバイダーの発展的な位置づけである「ACLSプロバイダー」の資格は、救急看護・ケアを実践するにあたっては、国際ガイドラインに基づいた最新知識の取得と技術向上を計ることができます。

 

【2】いざというとき、より冷静な対応・看護ができるように

重篤な患者が病院にやってきた場合、目の前で心肺停止状態におちいってしまうと、医療従事者が重い精神的ストレスにさらされ、パニックにおちいることもあります。

 

そのような状態にならないで冷静に対処できるよう訓練するのがACLSのコンセプト。高度な知識と技術を学ぶことでいつでも落ち着いてベストを尽くすことができるようになります。

 

【3】2日間で取得可能

業務が忙しくても、2日間の講習にて取得可能。事前に学会などへの参加の必要もなく、救急看護・ケアを極めたい人なら効率的に取得をすることが可能です。

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 約5,0000円 程度

取得までの期間 2日間

在宅学習 不可(講習会への参加が必須)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…あり

「BLSヘルスケアプロバイダーコース」を履修していることが条件

 

【2】臨床経験の必要性…なし

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

全国で随時開催されている講習会(2日間)に参加する必要あり

 

認定までの流れ

【1】講習会(2日間)

募集日程:全国で随時開催。開催スケジュールは学会HP参照。

開催場所:全国

費用:38,300円

 

【2】認定審査

講習会後に筆記試験あり

 

【3】認定

・登録料:なし

 

【4】更新

2年ごとに更新。リニューアルコースを受講する必要がある。

※登録更新料:23,300円

 

資格承認団体

日本ACLS協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
265
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
235
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る