1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 救急看護ケア >
  3. ICLSインストラクター

ICLSインストラクター

2015年06月23日

専門以外のナースも救急時のリーダーになれる

 

【1】「ICLSインストラクター」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「ICLSインストラクター」ってどんな資格?

突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を習得し、さらにその指導法を身に付けた者に与えられる資格。幼児や小児のBLSは扱わず、成人のBLSに絞っているのが特徴。

 

急変が少ない職場でも、いざという時のために身につけておくには十分な内容のICLS。慢性期病院で勤務していても、突然の心停止は起こるため、その時のために訓練はしておきたいところ。

 

成人のBLSにALSの要素を加え、基礎をコンパクトにわかりやすくまとめてあるため、受講しやすく人気も高い資格です。

 

 

資格取得のメリット

【1】全科ナース共通「いざという救急時の心構え」ができる

あらゆる医療従事者が身につけておくべき蘇生の基本的なポイントを習得できるようにしているのがICLS。まずはこの蘇生法をマスターするだけでも、突然の心停止という事態にも慌てなくて済むようになります。

 

【2】指導者になりやすい

アシスタントインストラクターからインストラクター取得までの道が比較的わかりやすく、手順を踏んでいけば指導者になりやすいのが特徴です。

 

患者の命を守る医療従事者として突然の心停止への対処法を多くの人に教え、蘇生法を広く伝えることに貢献できるところもポイント。

 

資格データ(認定数・費用など)

取得までの期間 試験ではなく、書類での申請

在宅学習 可能

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…あり

日本救急医学会の主催ICLSコース、またはそれに準ずるコース(AHA-ACLSや日本循環器学会のコース)を受講し、アシスタントインストラクターの資格を習得。

 

さらにICLSコースのインストラクター指導経験および指導養成ワークショップの受講などが必要。

 

【2】臨床経験の必要性…とくになし

 

 

【3】講習会等への参加の必要性…あり

随時実施される講座を受講する必要あり
 

 

認定までの流れ

【1】講習会

・随時実施される講座を受講。テキストでの在宅受講が可能。

・スケジュールは学会HPを参照

・講習費は各コース、各会場に準ずる

 

【2】認定審査

・試験ではなく、学会HPの「インストラクター申請」より申請。審査が行われたのち、結果が配信される

 

【3】認定

・登録料:なし

 

【4】更新

2年ごとに更新。2年間で2回以上のコース指導経験が必要

 

 

資格承認団体

一般社団法人日本救急医学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日