1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 循環器ケア >
  3. 循環器専門ナース

循環器専門ナース

2015年06月23日

循環器ケアのより深い実践者になれる

 

【1】「循環器専門ナース」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「循環器専門ナース」ってどんな資格?

中高年の心臓循環器疾患を診断し、いち早く治療方針を立て、医師と連携を円滑におこなうチーム医療に積極的に参加することができる資格。

 

超高齢化社会が進む中、専門医療機関における高度医療に対応するために、医師と対等の知識と経験を持ち、臨床の現場においても迅速な判断と行動ができるナースになることができます。

 

 

資格取得のメリット

【1】循環器に関する知識や技術を伝える立場になる

いち看護師としての実践だけではなく、チーム医療の連携の中心として活躍したり、講義や現場などで学んだ知識や技術・経験を同僚や若い後輩たちに伝え、教育したりしていくことで看護師としての立場を大きくステップアップできる。

 

【2】英会話取得&スキルアップのチャンス

現場で役立つ実践英会話を習得し、将来は国際的にも通用する専門看護師としての期待も大きいため、資格にチャレンジすることで自己啓発もでき、大きく羽ばたくことのできるチャンスでもある。

資格データ(認定数・費用など)

費用 約16,0000円(講習会(計4回)155,000円+講習のときにかかる夕食代など)

取得までの期間 2か月~半年程度(全8回の講習への参加が必須)

在宅学習 不可

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…×

 

【2】臨床経験の必要性…○

正看護師として1年以上の経験があり、かつ准看護師と正看護師合わせて満5年以上の実務経験を有すること。

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

循環器専門ナース研修(短期型・計8回)を受講する必要があり
 

 

認定までの流れ

【1】講習会

募集日程:夏期コースは3月上旬、冬期コースは9月上旬にHPに掲載

定員:夏、冬期それぞれ42名で選考方法は抽選。倍率は2倍弱

講習会概要:全8日間の研修で、通常期間内の隔週土日に開催

開催場所:大阪・ジェックス研修センター

費用:15,5000円

 

【2】認定審査

循環器専門ナースの研修終了後、問題が郵送されるので、約2ヶ月の期限内に返送する

 

【3】認定

・登録料:なし

 

【4】更新

2年ごとに更新

※登録更新料:5,000円

 

 

資格承認団体

臨床心臓病学教育研究会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

どうなった?看護師と医師の恋愛

最終話公開中!これまでのお話をおさらいしたうえで読んでみてください! [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
642
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
820
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
591
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
470
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
745
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
199
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2146

胃がん検診で精密検査が必要と診断され検査入院してきた患者さん。既往に前立腺肥大と右内頸動脈に高度狭窄があり、持参薬としてユリーフ®とバイアスピリン®を内服しています。あなたは受け持ちとなり、本日13時からの内視鏡検査の準備、搬送、迎えまで行います。当日の内視鏡検査がある患者さんの受け持ちとして最も正しい対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.医師より持参薬であるバイアスピリン®の内服許可があり、9時に内服させた。
  • 2.搬送直前にブスコパン®の筋肉注射指示があり、いつも通り行った。
  • 3.車いすで迎えに行くと本人より「歩いて帰るから大丈夫」と返答された。意識もしっかりしており、起立時にふらつきもなかったため、本人の意思を尊重し徒歩で病室に戻った。
  • 4.検査40分後、患者さんより飲水希望の訴えがあった。発声できており、唾液の飲み込みもできているようだったので少量の飲水なら可能であると答えた。
今日のクイズに挑戦!