1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 循環器ケア >
  3. 心臓リハビリテーション指導士

心臓リハビリテーション指導士

2015年06月23日

他領域に関われる、心臓のプロ

 

【1】「心臓リハビリテーション指導士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「心臓リハビリテーション指導士」ってどんな資格?


かつては急性心筋梗塞後の離床と脱調節のリハビリテーションが主でしたが、近年は医療の進歩により早期離床・早期退院が可能となったため、再発予防のための心臓リハビリに主眼がおかれるようになりました。

 

そこで心臓病だけでなく糖尿病高血圧脂質異常症など危険因子保有者に対して正しい知識で生活指導ができる心臓リハビリテーション指導士の存在が注目されています。

 

食生活の変化などから心臓病患者は増えており、資格保有者への需要はまだまだ高まることが予想されます。

 

資格取得のメリット

【1】チーム医療に貢献できる

心臓のリハビリは運動療法だけではなく、食事療法や禁煙指導を含めてトータルで考えるのが、心臓リハビリ指導医療チーム内で、重要な役割を果たすことができるようになります。

 

【2】チームを超えた医療知識を獲得&ケアの幅が広がる

心臓リハビリ指導士の強みは運動にともなう循環動態の変化を理解でき、それによって安全で効果的に患者が必要とする運動や生活指導が可能になります。

たとえばメタボリック症候群に対する特定保険指導、生活指導、運動指導など、運動心臓病学や運動生理学を学ぶことで、できるケアの幅が広がります。

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 518名(2014年12月現在)

費用 15,000円~

取得までの期間 5年以上

在宅学習 可能

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

5年間に50単を取得し、毎年会費を納入していること。更新料=1万円。

 

【2】臨床経験の必要性 …○

看護師の免許を持ち、心臓リハビリ指導の実地経験が1年以上あること、または心臓リハビリ研修制度により受験資格認定証の交付を受けていること。

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

受験する年に講習会を受講している必要がある。

 

 

認定までの流れ

【1】セミナーの受講

日程:随時実施

場所:全国各地

 

【2】認定審査

年1回学術集会の講習会後に実地される。

・日程:試験=毎年7月

・申し込み方法:HPより関連書類をダウンロードのうえ、必要事項を記入して郵送か宅配便にて送付

申込み期間:毎年3~4月

・審査料:10,000円 

 

【3】認定

認定料:15,000円

※このほか当日の受講料1万円が必要。他講習の受講者で免除制度もある

 

【4】更新

5年間に50単を取得し、毎年会費を納入していること。

※更新登録料:10,000円

 

 

資格承認団体

特定非営利活動法人日本心臓リハビリテーション学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日