1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 摂食嚥下 >
  3. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師

2015年06月23日

摂食嚥下訓練の専門家。高齢化に伴い需要拡大が予想される。

【1】「日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師」ってどんな資格?

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師は、接触・嚥下訓練の専門家で、下記①~③を満たすことが認定の水準となっています。

①摂食嚥下障害を持つ患者さんに対して摂食・嚥下訓練を実施できること

②摂食嚥下訓練の経過や結果を医師らに正確に報告する能力を持っていること

③リスク回避に関して必要な知識と技能を持っていること

高齢化が進む日本において、摂食・嚥下訓練の専門家養成は急務の課題で、今後ますます需要が増える資格と思われます。

 

資格取得者のインタビュー

胃ろうから経口摂取復帰も実現。患者さんに口から食べる幸せを

「口から食べる」にこだわる看護

 

資格取得のメリット

【1】摂食嚥下リハビリテーションの中心に

医師の立てた摂食嚥下リハビリテーション計画に従い訓練を実施するとともに、リハビリテーションチームの中心として、訓練の効果を判断して医師に報告したり、スムースな口腔ケア・嚥下運動ができるような環境整備ができるようになります。

 

【2】ますます広がる活躍の場
摂食嚥下障害の専門家は病院に限らず、介護施設、老人ホームなど多くの組織で必要とされています。この傾向は今後ますます広がると思われますので、資格を取得することで、病棟の枠を超えて幅広い分野での活躍が期待できます。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 30,000円(受験料10,000円+認定料20,000円)

在宅学習 可能(eラーニング)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …〇

学会の会員歴が受験年の7月31日において2年以上であること

 

【2】臨床経験の必要性 …△

①摂食・嚥下に関わる臨床歴
②摂食・嚥下に関わる研究歴
※①または②が受験年の7月31日において通算3年以上であること

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

日本摂食嚥下リハビリテーション学会のインターネット学習プログラム(eラーニング)全課程の受講を修了していること

 

 

認定までの流れ

【1】認定試験

・日程:毎年12月の第1日曜日

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・受験料:10,000円 

・受験地:愛知県名古屋市

・試験内容:筆記試験(マークシート、多肢選択式)

・出題範囲:eラーニングの範囲内

 

【2】認定

・認定料:20,000円

 

【3】更新

5年ごとに更新

※5年間に200単位以上の単位習得が必要

 

 

資格承認団体

日本摂食嚥下リハビリテーション学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1367
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1695
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1276
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1167
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1011
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
859
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者331

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!