1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 摂食嚥下 >
  3. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師

2015年06月23日

摂食嚥下訓練の専門家。高齢化に伴い需要拡大が予想される。

【1】「日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師」ってどんな資格?

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定師は、接触・嚥下訓練の専門家で、下記①~③を満たすことが認定の水準となっています。

①摂食嚥下障害を持つ患者さんに対して摂食・嚥下訓練を実施できること

②摂食嚥下訓練の経過や結果を医師らに正確に報告する能力を持っていること

③リスク回避に関して必要な知識と技能を持っていること

高齢化が進む日本において、摂食・嚥下訓練の専門家養成は急務の課題で、今後ますます需要が増える資格と思われます。

 

資格取得者のインタビュー

胃ろうから経口摂取復帰も実現。患者さんに口から食べる幸せを

「口から食べる」にこだわる看護

 

資格取得のメリット

【1】摂食嚥下リハビリテーションの中心に

医師の立てた摂食嚥下リハビリテーション計画に従い訓練を実施するとともに、リハビリテーションチームの中心として、訓練の効果を判断して医師に報告したり、スムースな口腔ケア・嚥下運動ができるような環境整備ができるようになります。

 

【2】ますます広がる活躍の場
摂食嚥下障害の専門家は病院に限らず、介護施設、老人ホームなど多くの組織で必要とされています。この傾向は今後ますます広がると思われますので、資格を取得することで、病棟の枠を超えて幅広い分野での活躍が期待できます。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 30,000円(受験料10,000円+認定料20,000円)

在宅学習 可能(eラーニング)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …〇

学会の会員歴が受験年の7月31日において2年以上であること

 

【2】臨床経験の必要性 …△

①摂食・嚥下に関わる臨床歴
②摂食・嚥下に関わる研究歴
※①または②が受験年の7月31日において通算3年以上であること

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

日本摂食嚥下リハビリテーション学会のインターネット学習プログラム(eラーニング)全課程の受講を修了していること

 

 

認定までの流れ

【1】認定試験

・日程:毎年12月の第1日曜日

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・受験料:10,000円 

・受験地:愛知県名古屋市

・試験内容:筆記試験(マークシート、多肢選択式)

・出題範囲:eラーニングの範囲内

 

【2】認定

・認定料:20,000円

 

【3】更新

5年ごとに更新

※5年間に200単位以上の単位習得が必要

 

 

資格承認団体

日本摂食嚥下リハビリテーション学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

過去のいじめで

浜田師長のいじめの後遺症で今も苦しむ看護師と面会するもも子。そこで語られたこととは… [ 記事を読む ]

神経所見のとり方

感覚障害を診察する場合、①左右差、②上肢と下肢の差、③近位部と遠位部の差に注意し、評価します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
914
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
770
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
777
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
700
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

ドラマ『ブラック・ペアン』どの医師が好き?

投票数:
314
実施期間:
2018年04月24日 2018年05月15日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
664
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者559

65歳男性のAさんは、1年前より徐々に排尿困難を自覚するようになり、来院しました。検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)8.3ng/mLで前立腺右葉にガンを認めたため、手術目的で入院となりました。入院3日後、根治的前立腺全摘除術が行われ、膀胱尿道吻合部にドレーンを1本、膀胱内留置カテーテル(固定水10mL)が留置されています。術後2日目にAさんから「手術してからずっと尿意が続いている。管を抜いてほしい」と訴えがありました。受け持ちであるあなたの対応として最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.本人の希望を尊重し、膀胱留置カテーテルを抜去した。
  • 2.管が太いために違和感が強いのだろうと判断し、細い膀胱留置カテーテルに入れ替えた。
  • 3.尿意の原因は尿管カテーテルの閉塞であると判断し、まず下腹部を押して尿の排泄を促した。
  • 4.抜去できない理由を説明し、Aさんに協力を依頼した。
今日のクイズに挑戦!