1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 褥瘡ケア >
  3. 日本褥瘡学会認定師

日本褥瘡学会認定師

2015年06月23日

褥瘡ケアの専門家

【1】「日本褥瘡学会認定師」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本褥瘡学会認定師」ってどんな資格?

日本褥瘡学会認定師は、褥瘡の予防・治療に必要な知識や技術を持つスペシャリストです。

褥瘡ケアは看護師の腕のみせどころ。きちんとした知識を身に付けることで、日々のケアで褥瘡を予防するとともに、できてしまった褥瘡も治すことができます。今後、高齢化が進む中、どの現場でも必要とされる知識と言えるでしょう。

 

資格取得のメリット

【1】褥瘡の予防と対処がスピーディーに
褥瘡はたとえ小さなものでも、患者さんにとっては大きな負担になるもの。日頃から注意して観察し、発症しないようにしたいですね。この資格取得を通じて身に付けたスキル・知識を最大限に生かすことで、患者さんの褥瘡の発症を防ぎ、また仮に発症してしまってもスピーディーな対応ができるようになります。

 

【2】手術室から介護施設まで

褥瘡は寝たきりの患者さんに限らず、手術中でも発症してしまうことがあります。このため、病棟ナースに限らず手術室から慢性期病棟、老人ホーム、介護施設など知識を技術を活かすことのできる場所は近年さらに広がっています。

 

【3】高齢化が進む中、ますます需要が増える

慢性期病棟や高齢者施設では、長時間ベッドに寝ていたり、寝たきりになっている患者さんも少なくありません。今後、このような患者さんがさらに増えることが予測されるため、学会認定師の重要性も高まってくるといえるでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 518名(2014年12月現在)

費用 20,000円~

取得までの期間 4年以上

在宅学習 可能

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

4 年以上引き続いて日本褥瘡学会正会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …○

4年以上褥瘡の予防、医療に従事していること

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

日本褥瘡学会主催の教育セミナーを2回以上受講すること(同一年度の複数回受講は不可)

 

 

認定までの流れ

【1】セミナーの受講

日程:随時実施

場所:全国各地

 

【2】認定審査

※試験は無く、書類審査のみ行われる

・日程:例年6月末までに実施

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・申し込み期間:例年2~3月

・審査料:10,000円 

 

【3】認定

認定料:10,000円

 

【4】更新

5年ごとに更新

※更新審査料:10,000円

※更新登録料:10,000円

 

 

資格承認団体

日本褥瘡学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
292
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
263
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
231
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
138
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る