1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 排泄ケア >
  3. 日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)

日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)

2015年06月23日

排泄ケアのエキスパート

【1】「日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)」ってどんな資格?

日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員は、排泄の悩みを持つ人に対して、スムーズな排泄コントロールができるようサポートする排泄ケアのエキスパートです。

介護が必要な人だけではなく、尿漏れや神経障害からの排泄障害など、排泄に悩む人に広くアドバイスし、困難解消の手助けができるのが魅力です。

 

資格取得のメリット

【1】排泄ケアの基礎から学んで現場で活かすことができる

セミナーでは、排尿・排泄のメカニズムから排泄器具の活用法までしっかりと学べます。学んだことをすぐに現場で活かせる実践的な資格といえます。病院での看護はもちろん、介護分野を視野に入れている人にも需要が高い資格です。

 

【2】デリケートな悩みを引き出し解決へ

排泄はデリケートな悩みだけに、問題を抱えていても口に出せないでいる患者さんも多いもの。セミナーではケアを受ける側の心理も学ぶため、今まで口に出せないでいた人の本音を引き出し、問題を解消していくための道を見つけやすくなるでしょう。

 

【3】院内の排泄ケアに対する意識を変え、ケアをスムースに

排泄ケアに関する正しい知識を広めることで、院内の排泄ケアに対する意識を変え、全体の問題意識として取り組むことができるようになります。全スタッフの意識が変われば排泄ケアもよりやりやすくなるでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 35,000円(セミナー受講料:30,000円~、認定料:5,000円)

在宅学習 可能

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

NPO法人日本コンチネンス協会の正会員であることが必要

 

【2】臨床経験の必要性 …○

排泄ケアの実務経験があることが必要

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

事前に事例を提出したのち、初級と中級セミナーの受講が必要

 

 

認定までの流れ

【1】セミナー受講

・日程:随時開催

・場所:全国各地

・受講料:30,000円 ~

 

【2】認定試験

・セミナー受講後に試験実施

 

【3】認定

・認定料:5,000円

 

【4】更新

3年ごとに更新

※認定審査料:2,000円

※認定登録料:5,000円

 

 

資格承認団体

NPO法人日本コンチネンス協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
619
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
731
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
628
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
551
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
493
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
367
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者295

Aさんは、精神療養病棟(開放病棟)に任意入院で入院中の50代の男性です。病名は統合失調症で、入院して8年が経過しています。現在、目立った症状はなく落ち着いています。最近、雑誌に付いているハガキや電話などで通信販売業者に頻繁に注文を繰り返しています。しかし、所持金が少ないため、商品が届いても支払いができず、その都度返品を繰り返しています。Aさんは家族や親族とは疎遠で、面会や連絡はここ数年、全くない状態です。Aさんに対し、看護師としてのかかわりで最も望ましいものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.テレホンカードや筆記用具などをナースステーション管理とし、患者の申し出に応じて渡す。
  • 2.精神保健指定医の診察により、電話や郵便のやり取りは当面全て禁止とする指示を受ける。
  • 3.公衆電話機の設置していない閉鎖病棟へAさんを移動させ、入院形態を医療保護入院に変更する。
  • 4.Aさんに欲しいものを聞き、疎遠となっている家族に面会で持ってきてもらうように依頼する。
今日のクイズに挑戦!