1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 排泄ケア >
  3. 日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)

日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)

2015年06月23日

排泄ケアのエキスパート

【1】「日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員(3級)」ってどんな資格?

日本コンチネンス協会認定排泄ケア専門員は、排泄の悩みを持つ人に対して、スムーズな排泄コントロールができるようサポートする排泄ケアのエキスパートです。

介護が必要な人だけではなく、尿漏れや神経障害からの排泄障害など、排泄に悩む人に広くアドバイスし、困難解消の手助けができるのが魅力です。

 

資格取得のメリット

【1】排泄ケアの基礎から学んで現場で活かすことができる

セミナーでは、排尿・排泄のメカニズムから排泄器具の活用法までしっかりと学べます。学んだことをすぐに現場で活かせる実践的な資格といえます。病院での看護はもちろん、介護分野を視野に入れている人にも需要が高い資格です。

 

【2】デリケートな悩みを引き出し解決へ

排泄はデリケートな悩みだけに、問題を抱えていても口に出せないでいる患者さんも多いもの。セミナーではケアを受ける側の心理も学ぶため、今まで口に出せないでいた人の本音を引き出し、問題を解消していくための道を見つけやすくなるでしょう。

 

【3】院内の排泄ケアに対する意識を変え、ケアをスムースに

排泄ケアに関する正しい知識を広めることで、院内の排泄ケアに対する意識を変え、全体の問題意識として取り組むことができるようになります。全スタッフの意識が変われば排泄ケアもよりやりやすくなるでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 35,000円(セミナー受講料:30,000円~、認定料:5,000円)

在宅学習 可能

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

NPO法人日本コンチネンス協会の正会員であることが必要

 

【2】臨床経験の必要性 …○

排泄ケアの実務経験があることが必要

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

事前に事例を提出したのち、初級と中級セミナーの受講が必要

 

 

認定までの流れ

【1】セミナー受講

・日程:随時開催

・場所:全国各地

・受講料:30,000円 ~

 

【2】認定試験

・セミナー受講後に試験実施

 

【3】認定

・認定料:5,000円

 

【4】更新

3年ごとに更新

※認定審査料:2,000円

※認定登録料:5,000円

 

 

資格承認団体

NPO法人日本コンチネンス協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

栄養剤の投与で見るべきポイント、押さえました

栄養剤注入を「投与前」「投与中」「投与終了後」に分け、流れに沿って、それぞれの基本的な注意点・看護のポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1492
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
580
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
562
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
513
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
525
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者418

透析患者さんに対しての使用は控えた方がいい下剤は次のうちどれでしょうか?

  • 1.酸化マグネシウム
  • 2.D-ソルビトール
  • 3.センノシド
  • 4.グリセリン浣腸
今日のクイズに挑戦!