1. 看護師の資格事典TOP >
  2. フットケア >
  3. フットケア指導士

フットケア指導士

2015年06月23日

足のトラブルケアの専門家

【1】「フットケア指導士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「フットケア指導士」ってどんな資格?

フットケア指導士は、フットケアに関する優れた知識と技術を持つと認められた医療・福祉従事者に対する認定資格です。

フットケアを必要とする病態全般に関する基礎知識、専門知識、実技技術を活用し、患者さんへのアドバイスに加えて、ケア現場での指導的立場となる人に与えられます。

 

資格取得のメリット

【1】足に関すること全般に強くなる

足のトラブルを予防・解消するために、の切り方から靴の選び方までアドバイスできるのがフットケア指導士です。またそれらのやり方をほかの看護師などに指導することもできるようになります。

 

【2】足の変化で全身状態を予測。早めに気づいて神経障害の悪化を予防

足のトラブルで怖いのは糖尿病食や透析患者が末梢神経障害を起こしたとき。気づかないうちに悪化して壊疽を起こすようなケースもあります。フットケア指導士の知識を活かして小さな変化を見逃さないことで患者さんを救うことができます。

 

【3】皮膚科から内科まで役立つ知識
爪水虫や巻き爪、外反母趾などに対応する皮膚科をはじめ、内科領域でもフットケアの知識があると役立ちます。糖尿病や透析患者を扱う病院・施設などではとくに需要が高い傾向にあります。

 

【4】高齢者や要介護者施設でも需要が高い

高齢になると足の状態が悪くなることが多いため、介護施設や福祉施設などではフットケアに関する知識が重宝されます。看護師の資格と併せ持っていれば転職の際にも有利に働くでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 526名(過去6回の合格者数合計)

合格率 67.6%  (2014年)

費用 20,000円(セミナー受講料10,000円+認定試験受験料10,000円)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…○

日本フットケア学会の学会員であること

 

【2】臨床経験の必要性…○

・看護師、准看護師、いずれかの国家資格を資格取得後、3年以上の実務経験を有すること
・フットケアの実務経験を有すること

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

フットケア指導士認定セミナーを受講していること

※認定セミナーの有効期限は2年間

 

 

認定までの流れ

【1】認定セミナー

・日程:年1回(6月頃)

・申し込み方法:ホームページより申し込み

・受講料:10,000円 

・受講地:東京

 

【2】認定試験

・日程:年1回(3月頃)

・申し込み方法:必要書類を日本フットケア学会学術委員会事務局宛に書留郵便にて送付

・受験料:10,000円 

・受験地:東京

 

【3】試験内容

・筆記試験(90分)

※4肢択一問題(50題)

※問題内容は認定セミナーの参考テキストに基づく

 

【3】認定

・認定試験の合格者に対して「認定証」が発行される

※合格者対象の実技講習会が開催される

 

【4】更新

5年ごとに更新

※更新審査料:10,000円

※5年ごと70単位の履修単位制

 

 

資格承認団体

日本フットケア学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

転職してよかった?

投票数:
631
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
684
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
593
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
558
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
887
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3105

急性期〜安定期にある患者さんに対して呼吸リハビリテーション(運動療法)を開始するにあたり、評価項目として必須でないものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.動脈血ガス分析
  • 2.経皮的酸素飽和度(SpO2
  • 3.握力
  • 4.呼吸困難感
今日のクイズに挑戦!