1. 看護師の資格事典TOP >
  2. フットケア >
  3. 日本下肢救済・足病学会認定士

日本下肢救済・足病学会認定士

2015年06月23日

あらゆる下肢病変に対応。下肢ケアの専門家

【1】「日本下肢救済・足病学会認定士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本下肢救済・足病学会認定士」ってどんな資格?

日本下肢救済・足病学会認定士は、下肢ケアのエキスパートです。あらゆる下肢病変に対して歩行が可能になるようサポートできる人材の育成を目指した制度で、高齢化に伴い今後需要の伸びるものと期待されます。

 

資格取得のメリット

【1】下肢ケアの知識を現場ですぐに活用できる

教育セミナーではフットケアの基礎知識から、下肢の解剖や創傷に対する専門知識(下肢の解剖、血流、糖尿病を代表とする代表的疾患、下肢の創傷)までじっくりと学ぶことができるので、臨床の現場でもすぐに活かすことができます。

 

【2】他科との連携も積極的に

下肢の病気はケガだけではなく、糖尿病など他の病気からの合併症も見られるため、下肢のケアの範囲は幅広く、各科での需要があります。また他科・他職種との連携の場面でも、セミナーで得た知識や技術を活かして、より積極的に参加できるようになります。

 

【3】高齢化により下肢ケアの需要が高まる

高齢化により下肢に不安を抱える人口が増えてきているため、今後はさらにスペシャリストへの期待が高まることでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 28,000円(セミナー料8,000円+認定審査料10,000円+登録料10,000円)

取得までの期間 セミナーは1日のみ

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

4年以上引き続いて日本下肢救済・足病学会正会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …○

4年以上、下肢病変の予防・治療、もしくは創傷管理に従事していること

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

教育セミナーを2回以上(受講項目ver.1とver.2がある)受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ(※2016年の場合)

【1】セミナーの受講

・日程:10月中旬

・申し込み方法:HPのセミナー情報から申込ボタンを押し、必要事項を記入して申込む。

・申し込み期間:2016 年 3 月 31 日必着

・受験料:8,000円(弁当代込み) 

・受験地:神戸大学医学部シスメックスホール

 

【2】認定審査

・試験はなく学会認定師認定委員会が年1回認定審査をおこなう。

・日時、その他については実施6ヵ月前に公示される(2016年の場合:4~5月にかけて書類審査を実施)

・申し込み方法:HPより申請書類ほか必要書類をダウンロードし、提出書類をそろえたうえ委員会に提出する

・審査料:10,000円 

 

【3】試験内容

・原則、試験はないが、委員会が必要と認めた申請者に対しては筆記または口頭の試験がおこなわれることもある。

 

【4】認定

・登録料:10,000円

 

【5】更新

5年ごとに更新

※更新審査料:10,000円

※更新登録料:10,000円

 

 

資格承認団体

日本下肢救済・足病学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
815
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
900
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
704
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
671
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
479
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
399
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
766
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4242

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!