1. 看護師の資格事典TOP >
  2. フットケア >
  3. 日本下肢救済・足病学会認定士

日本下肢救済・足病学会認定士

2015年06月23日

あらゆる下肢病変に対応。下肢ケアの専門家

【1】「日本下肢救済・足病学会認定士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本下肢救済・足病学会認定士」ってどんな資格?

日本下肢救済・足病学会認定士は、下肢ケアのエキスパートです。あらゆる下肢病変に対して歩行が可能になるようサポートできる人材の育成を目指した制度で、高齢化に伴い今後需要の伸びるものと期待されます。

 

資格取得のメリット

【1】下肢ケアの知識を現場ですぐに活用できる

教育セミナーではフットケアの基礎知識から、下肢の解剖や創傷に対する専門知識(下肢の解剖、血流、糖尿病を代表とする代表的疾患、下肢の創傷)までじっくりと学ぶことができるので、臨床の現場でもすぐに活かすことができます。

 

【2】他科との連携も積極的に

下肢の病気はケガだけではなく、糖尿病など他の病気からの合併症も見られるため、下肢のケアの範囲は幅広く、各科での需要があります。また他科・他職種との連携の場面でも、セミナーで得た知識や技術を活かして、より積極的に参加できるようになります。

 

【3】高齢化により下肢ケアの需要が高まる

高齢化により下肢に不安を抱える人口が増えてきているため、今後はさらにスペシャリストへの期待が高まることでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 28,000円(セミナー料8,000円+認定審査料10,000円+登録料10,000円)

取得までの期間 セミナーは1日のみ

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

4年以上引き続いて日本下肢救済・足病学会正会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …○

4年以上、下肢病変の予防・治療、もしくは創傷管理に従事していること

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

教育セミナーを2回以上(受講項目ver.1とver.2がある)受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ(※2016年の場合)

【1】セミナーの受講

・日程:10月中旬

・申し込み方法:HPのセミナー情報から申込ボタンを押し、必要事項を記入して申込む。

・申し込み期間:2016 年 3 月 31 日必着

・受験料:8,000円(弁当代込み) 

・受験地:神戸大学医学部シスメックスホール

 

【2】認定審査

・試験はなく学会認定師認定委員会が年1回認定審査をおこなう。

・日時、その他については実施6ヵ月前に公示される(2016年の場合:4~5月にかけて書類審査を実施)

・申し込み方法:HPより申請書類ほか必要書類をダウンロードし、提出書類をそろえたうえ委員会に提出する

・審査料:10,000円 

 

【3】試験内容

・原則、試験はないが、委員会が必要と認めた申請者に対しては筆記または口頭の試験がおこなわれることもある。

 

【4】認定

・登録料:10,000円

 

【5】更新

5年ごとに更新

※更新審査料:10,000円

※更新登録料:10,000円

 

 

資格承認団体

日本下肢救済・足病学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者176

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!