1. 看護師の資格事典TOP >
  2. フットケア >
  3. 日本下肢救済・足病学会認定士

日本下肢救済・足病学会認定士

2015年06月23日

あらゆる下肢病変に対応。下肢ケアの専門家

【1】「日本下肢救済・足病学会認定士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本下肢救済・足病学会認定士」ってどんな資格?

日本下肢救済・足病学会認定士は、下肢ケアのエキスパートです。あらゆる下肢病変に対して歩行が可能になるようサポートできる人材の育成を目指した制度で、高齢化に伴い今後需要の伸びるものと期待されます。

 

資格取得のメリット

【1】下肢ケアの知識を現場ですぐに活用できる

教育セミナーではフットケアの基礎知識から、下肢の解剖や創傷に対する専門知識(下肢の解剖、血流、糖尿病を代表とする代表的疾患、下肢の創傷)までじっくりと学ぶことができるので、臨床の現場でもすぐに活かすことができます。

 

【2】他科との連携も積極的に

下肢の病気はケガだけではなく、糖尿病など他の病気からの合併症も見られるため、下肢のケアの範囲は幅広く、各科での需要があります。また他科・他職種との連携の場面でも、セミナーで得た知識や技術を活かして、より積極的に参加できるようになります。

 

【3】高齢化により下肢ケアの需要が高まる

高齢化により下肢に不安を抱える人口が増えてきているため、今後はさらにスペシャリストへの期待が高まることでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 28,000円(セミナー料8,000円+認定審査料10,000円+登録料10,000円)

取得までの期間 セミナーは1日のみ

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

4年以上引き続いて日本下肢救済・足病学会正会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …○

4年以上、下肢病変の予防・治療、もしくは創傷管理に従事していること

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

教育セミナーを2回以上(受講項目ver.1とver.2がある)受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ(※2016年の場合)

【1】セミナーの受講

・日程:10月中旬

・申し込み方法:HPのセミナー情報から申込ボタンを押し、必要事項を記入して申込む。

・申し込み期間:2016 年 3 月 31 日必着

・受験料:8,000円(弁当代込み) 

・受験地:神戸大学医学部シスメックスホール

 

【2】認定審査

・試験はなく学会認定師認定委員会が年1回認定審査をおこなう。

・日時、その他については実施6ヵ月前に公示される(2016年の場合:4~5月にかけて書類審査を実施)

・申し込み方法:HPより申請書類ほか必要書類をダウンロードし、提出書類をそろえたうえ委員会に提出する

・審査料:10,000円 

 

【3】試験内容

・原則、試験はないが、委員会が必要と認めた申請者に対しては筆記または口頭の試験がおこなわれることもある。

 

【4】認定

・登録料:10,000円

 

【5】更新

5年ごとに更新

※更新審査料:10,000円

※更新登録料:10,000円

 

 

資格承認団体

日本下肢救済・足病学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

言葉を使わず意思疎通できる?

「ブレイン・マシン・インターフェース」というシステムで正確性はおよそ75%とのこと。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

降水確率が何%以上だと、傘を持っていく?

投票数:
593
実施期間:
2017年06月06日 2017年06月27日

ナースシューズを手入れする頻度は?

投票数:
555
実施期間:
2017年06月09日 2017年06月30日

どのくらいの頻度で映画館に行く?

投票数:
522
実施期間:
2017年06月13日 2017年07月04日

「これが欲しい!」切実に思う“力”は?

投票数:
805
実施期間:
2017年06月16日 2017年07月07日

夜勤明けの天気、どっちが好き?

投票数:
450
実施期間:
2017年06月20日 2017年07月11日

大人気医療ドラマ「コード・ブルー」見る?

投票数:
403
実施期間:
2017年06月23日 2017年07月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4503

高血圧が既往にあったAさん。朝になっても起きてこないため、ご家族が見に行くと、Aさんの意識がなかったため、救急車を要請し、搬送されてきた。瞳孔を確認すると、内下方偏位(鼻先凝視)でした。Aさんの症候から何が考えられますか?

  • 1.被殻出血
  • 2.視床出血
  • 3.橋出血
  • 4.小脳出血
今日のクイズに挑戦!