1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 放射線ケア >
  3. インターベンションエキスパートナース(INE)(旧:IVR看護師)

インターベンションエキスパートナース(INE)(旧:IVR看護師)

2015年06月23日

カテーテル治療・検査のスペシャリスト

カテーテル治療・検査のスペシャリスト

【1】「インターベンションエキスパートナース」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「インターベンションエキスパートナース」ってどんな資格?

インターベーション治療とは、カテーテルを用いた治療のことです。

インターベンションエキスパートナース(INE)は、インターベンション治療・検査に関する専門知識と技術を持っているスペシャリストに対して認定される資格です。

 

資格取得のメリット

【1】専門性の高さが評価される

インターベンション治療は日々進歩しており、医療の可能性を次々に広げ症例数が伸びています。インターベンション治療をおこなっている医療機関では、インターベンションエキスパートナースの知識とスキルを必要としており、その専門性が高く評価されています。

 

【2】増加するインターベンション治療

近年、心血管の疾患においては、多くのケースでカテーテル検査・治療が用いられており、心臓病専門の病院では複数のカテーテル室が設置され同時に数例の検査・治療がおこなわれていることも珍しくありません。カテーテル治療・検査の増加に伴い、インターベンションエキスパートナースへのニーズも年をおうごとに高くなっています。

 

【3】専門病院や急性期病院で活躍

心血管専門の医療機関に限らず、急性期病院などでもインターベンション治療に関する知識は不可欠な時代です。

この資格が活かせる場は今後さらに増えていくものと思われます。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 10,500円

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

日本インターベンショナルラジオロジー学会、日本心血管インターベンション治療学会でなくても可

 

【2】臨床経験の必要性 …○

IVR専門医またはCVIT専門医のもとで100例以上の看護経験を有すること。

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

インターベンションエキスパートナース講習会を2年間で1回以上受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ

【1】講習会

・日程:年1~2回

・受講料:5,000円 

・会場:東京・京都

 

【2】認定試験

・日程:例年3月頃

・申し込み方法:インターベンションエキスパートナースのホームページより受験申込書、看護症例一覧表など必要書類をダウンロードして記入のうえ提出する

・申し込み期間:例年11月頃

・受験料:5,500円 

・会場:東京・大阪

 

【2】試験内容

・書類審査

・筆記試験(多肢選択式)

※書類審査に通過した場合のみ、筆記試験を受験できる。

※ホームページ内に過去の試験問題あり

 

【3】認定

試験合格者の受験番号がホームページに掲載される。

 

【4】更新

5年ごとに更新

※更新手数料:5,000円

※対象学術集会への出席などで50単位が必要

 

 

資格承認団体

日本インターベンショナルラジオロジー学会、日本心血管インターベンション治療学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
619
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
731
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
628
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
551
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
493
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
367
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者292

Aさんは、精神療養病棟(開放病棟)に任意入院で入院中の50代の男性です。病名は統合失調症で、入院して8年が経過しています。現在、目立った症状はなく落ち着いています。最近、雑誌に付いているハガキや電話などで通信販売業者に頻繁に注文を繰り返しています。しかし、所持金が少ないため、商品が届いても支払いができず、その都度返品を繰り返しています。Aさんは家族や親族とは疎遠で、面会や連絡はここ数年、全くない状態です。Aさんに対し、看護師としてのかかわりで最も望ましいものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.テレホンカードや筆記用具などをナースステーション管理とし、患者の申し出に応じて渡す。
  • 2.精神保健指定医の診察により、電話や郵便のやり取りは当面全て禁止とする指示を受ける。
  • 3.公衆電話機の設置していない閉鎖病棟へAさんを移動させ、入院形態を医療保護入院に変更する。
  • 4.Aさんに欲しいものを聞き、疎遠となっている家族に面会で持ってきてもらうように依頼する。
今日のクイズに挑戦!