精神対話士

2015年06月23日

対話を通した心のケアの専門家

【1】「精神対話士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「精神対話士」ってどんな資格?

精神対話士は、心に悩みや障害を抱えている人に寄り添い、暖かな対話をとおして生きる希望と勇気を与え、よりよい生活を送れるよう精神的支援を行う心のケアの専門家です。

臨床心理士や心理カウンセラーとの相違点は医学的な治療は行わないという点。相手が希望する場所へ出向いてサポートすることから、「心の訪問ケア」とも呼ばれます。

 

資格取得のメリット

【1】患者さん・ご家族とのコミュニケーションに役立つ

養成講座ではロールプレイも交えながら心のケアについてじっくり学べます。専門スキルを身に付けることで、悩みや不安を抱える患者さんやご家族とのコミュニケーションもよりスムーズにできることでしょう。

 

【2】医療機関以外でも活躍できる

精神対話士の活躍の場は、病院や高齢者施設に限りません。一般企業や学校、個人宅、被災地など、様々な場所で必要とされています。看護師資格にプラスして持っておくことで、さらに幅広く活躍できることでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

合格率 15%

費用 約200,000円

取得までの期間 約半年

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

財団法人メンタルケア協会の会員でなくて可

 

【2】臨床経験の必要性 …○

年齢・職業に限らず、誰でも受験が可能

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

財団法人メンタルケア協会の主催する養成講座を受講・修了していること

 

 

認定までの流れ

【1】養成講座(基礎課程)

・申し込み方法:Web、ファクス、郵送いずれかの方法で申し込む

・受験料:133,700円

・受講地:札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡

・受講内容:「心身医学」「精神保健」「看護と介護」など15講座(5日間、いずれも土日開催)

・修了要件:15講座のうち10講座以上出席していること/レポートに合格すること

 

【2】養成講座(実践課程)

・受講資格:基礎課程を合格していること

・申し込み方法:Web、ファクス、郵送いずれかの方法で申し込む

・受験料:61,700円

・受講地:札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡

・受講内容:講義とロールプレイ 7講座(3日間、いずれも土日開催)

・修了要件:7講座のうち5講座以上出席していること/レポートに合格すること

 

【3】認定試験

※財団法人メンタルケア協会の主催する派遣業務への参加希望者が対象

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・受験料:無料 

・受験地:札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡

 

【4】試験内容

・集団面接(10名前後)

・個人面接

※養成講座で作成したレポートも審査対象になる。

 

【5】認定

・財団法人メンタルケア協会と業務委託契約を結んだ後に「精神対話士資格証」が交付される

 

【6】更新

5年ごとに更新

※定期的に集合研修によるフォローアップあり

 

 

資格承認団体

財団法人メンタルケア協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日