1. 看護師の資格事典TOP >
  2. QOL >
  3. 難病看護師

難病看護師

2015年06月23日

難病患者とその家族を支援

【1】「難病看護師」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「難病看護師」ってどんな資格?

難病看護師は、難病患者およびその家族を支援するための、幅広い知識と療養生活支援技術を持っていると認められた人に与えられる資格です。難病患者がより質の高い生活を送れるよう、看護職員や地域の関係職種の職員と連携を図ることが期待されています。

 

資格取得のメリット

【1】患者さんのQOL向上の中心メンバーに

難病は患者さんだけではなくご家族を含めた長期的なケアが必要で、支援チームの中でリーダーシップを発揮できる人材が必要とされています。難病看護の経験に加えて、研修で知識を身に付けることで、チームの中心として活躍することができるでしょう。

また、研修では地域でのケアシステムについても学ぶことができ、病院の枠を超えた取り組みも視野入れて活動できるようになります。

 

【2】専門性の高い看護が求められている

難病は稀少性の高い看護分野ですが、スペシャリストの必要性は高まっています。

2015年からの難病医療法の施行を受け、難病看護の質の向上に主体的に取り組むことのできる看護師の育成がさらに進められることでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 約30,000円

取得までの期間 約半年

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

日本難病看護学会の会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …○

①看護実務経験が通算5年以上
②難病看護領域の実務経験が3年以上
※①②のいずれも有すること

 

【3】講習会等への参加の必要性 …○

学会指定の研修会を受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ

【1】研修会および認定試験(2016年の場合)

・日程:11月上旬2日間

・申し込み方法:必要書類一式をHPよりダウンロードし、事務局宛てに送付

・受験料:30,000円(研修会受講料+修了試験受験料+登録料)

・受験地:東京

※研修会最終日に修了試験がおこなわれる。

 

【2】試験内容

・筆記試験(選択式・30問・1時間)

 

【3】認定

※実践活動・学修・修了試験の総合審査で合否判定される

 

【4】更新

5年ごとに更新

※更新審査料・登録料:10,000円

※活動ポイント50ポイント以上と実践報告が必要

 

 

資格承認団体

日本難病看護学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

看護記録に表れるナースの気持ち

「本当にお疲れさま!」とねぎらってあげたい看護記録の1例 [ 記事を読む ]

吸引カテーテルを挿入する長さは?

吸引カテーテルは、気管分岐部直上まで挿入します。具体例で解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
707
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
621
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
589
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
973
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
909
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日

ドラマの決めゼリフ、言ってみたいのはどれ?

投票数:
223
実施期間:
2017年09月26日 2017年10月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者149

A国では、マラリアやコレラが原因で高熱、下痢、おう吐などの症状で脱水状態となり、亡くなる子どもが増加している開発途上国です。そのA国の国境沿いには、大勢の難民がキャンプで不便な生活を余儀なくされています。あなたは、その難民キャンプに救援チームの一員として、現地に入りました。十分な医療資機材や食糧はキャンプでは確保できていません。まず、脱水症状に陥っている難民、特に子どもへの支援を行うために、あなたが容易で迅速にできる対応を以下の中から一つ選んでください。

  • 1.現地に救援に入っているNGO団体などから飲料水を調達し補給する。
  • 2.治療ができるように保健機関などを探し交渉する。
  • 3.経口補水液を調達または作成し、脱水の補正を行う。
  • 4.現地の衛生環境を調査し、感染症対策を現地の関係者と協議する。
今日のクイズに挑戦!