1. 看護師の資格事典TOP >
  2. QOL >
  3. 弾性ストッキング・コンダクター

弾性ストッキング・コンダクター

2015年06月23日

下肢静脈瘤治療の必須アイテムの専門家

【1】「弾性ストッキング・コンダクター」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「弾性ストッキング・コンダクター」ってどんな資格?

弾性ストッキングとは、静脈疾患・リンパ管疾患の治療・予防で用いる医療用具です。正しく使わないと合併症をおこす危険性もあることから、弾性ストッキングの必要性と正しい使用法を患者さんに伝え、治療・予防に役立つようアドバイスできる存在として、弾性ストッキング・コンダクターという専門資格が設けられました。

講習会では弾性ストッキングの着用法や着用後の観察ポイントに加え、静脈疾患やリンパ管疾患に対する基礎知識も学ぶことができます。

 

資格取得のメリット

【1】下肢静脈瘤の治療では必要不可欠

弾性ストッキングは、足に強い圧力をかけることで余分な血液やリンパ液が留まらないようにする医療用具です。下肢静脈瘤の患者さんの治療にはいまや必要不可欠なアイテムですが、使用法を誤ると充分な治療効果が得られないばかりか、合併症を起こすことにもなりかねません。

この資格を持っていると、安心して患者さんにストッキングの扱い方を教えたり、注意点をアドバイスしたりできるため、ぜひとっておきたい資格です。

 

【2】相談・苦情への対応がスピーディーに

弾性ストッキングは、その特徴ゆえに、患者さんからは「きつくて履きにくい」「すぐにずり落ちる」などの相談・苦情が寄せられることがあります。資格を取るにあたり、圧迫療法の役割、弾性ストッキングの種類や選び方、正しい使用法などについて学べるので、これらの相談・苦情にスピーディに対応し、正しい着用法へと導くことができるでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 約1500名(2013年1月)

費用 約10,000円

取得までの期間 半年~1年

在宅学習 可能

 

受験資格

看護師・准看護師等の資格が必要

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

日本静脈学会の会員でなくても可

 

【2】臨床経験の必要性 …○

講習会を受講後2年以内に30人に対する臨床指導が必要

 

【3】講習会等への参加の必要性 …○

講習会を受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ

【1】認定講習会

全国各地で随時開催

・申し込み方法:WEBの申し込みフォームから申し込む

・受講料:約6,000円

・会場:全国各地

 

【2】認定試験

なし

 

【3】認定

・認定料:3,000円

 

【4】更新

5年ごとに更新

※認定料・申請料:2,000円

※資格終了前の2年間に認定講習会を再度受講するか、30人に対する臨床指導が必要

 

 

資格承認団体

日本静脈学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1462
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1343
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1220
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1148
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
450
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
943
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7817

筋肉注射についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.急速に薬効を期待する場合には静脈注射や皮内注射ではなく、筋肉注射を選択する。
  • 2.繰り返し筋肉注射で薬剤を投与する場合、もっとも筋層が厚い大腿部を用いることが推奨される。
  • 3.注射部位に三角筋を選択する場合は、45~90度の刺入角度で注射する。
  • 4.薬液は1秒/mLで速やかに注入し、刺入部は1~2分程度マッサージを行う。
今日のクイズに挑戦!