1. 看護師の資格事典TOP >
  2. カウンセリング >
  3. 産業カウンセラー

産業カウンセラー

2015年06月23日

組織労働者の心の問題解決を支援

【1】「産業カウンセラー」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「産業カウンセラー」ってどんな資格?

産業カウンセラーの仕事内容は、企業や組織で働く人に対しカウンセリングを通して、心の問題解決をサポートすることです。

現在では多くの企業が、従業員の心の病気の予防・解決のために、産業カウンセラーによるカウンセリングを導入しています。個別のカウンセリングだけではなく、組織に対して従業員が働きやすくなるためのアドバイスを送るのも産業カウンセラーの役割です。

 

資格取得のメリット

【1】「傾聴」のスキルを磨いて、日々の看護に活かす

産業カウンセラーの養成講座では、「傾聴」を基本としたカウンセリング・プロセスを学ぶことができます。

「傾聴」は、相手を受け入れ共感すること。このスキルを身に付けることで、人の話を聞いたり心の底にあるものを引き出す能力が磨かれます。メンタルケアが必要な患者さんはもちろん、日常の患者さんとのコミュニケーションに大いに役立つことでしょう。

 

【2】学びを活かして、より働きやすい職場へ

一般に、産業カウンセラーの活躍の場は企業であることが多いですが、企業に限らず、医療施設や福祉施設などでも従業員のメンタルケアの必要性が叫ばれています。

医療・福祉に従事しているからこそ、自分たちのメンタルも健康を保ちたいもの。講座では、メンタルケアに加えて、キャリアに対する相談や職場での人間関係の援助など、幅広く学習できます。

ここで得た知識・スキルを発揮することで、自分たちの職場をより働きやすい環境へと導くことができます。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

合格率 65%程度

費用 約250,000円

取得までの期間 半年~1年程度

在宅学習 可能(通信教育あり)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

非会員でも受験可能

 

【2】臨床経験の必要性 …×

 

【3】講習会等への参加の必要性 …○

産業カウンセラー養成講座を受講する必要がある。

 

 

認定までの流れ

【1】養成講座

・日程:通学4~11月/通信10月末~翌年10月

・受講料:通学226,800円/通信205,200円

・受講場所:全国各地

 

【2】認定試験

・日程:学科試験1月/実技試験1~2月

※2017年度の場合:<学科試験>1月22日(日)/<実技試験>2017年1月28日(土)または 1月29日(日)

・受験料:学科試験10,500円/実技試験21,000円 

・受験地:全国各地

 

【3】試験内容

・学科試験(マークシート 60問・150分)

・実技試験(ロールプレイイング・口述試験 約30分)

 

【4】認定

・登録料:7,000円

 

【5】更新

5年ごとに更新

※更新手数料:3,000円

※資格更新研修を受ける必要がある。

 

 

資格承認団体

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

 

記事最終更新日

2016年10月19日

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
639
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1417
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
543
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
520
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
456
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
387
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者217

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!