認定心理士

2015年06月23日

心理学の基礎をマスター

【1】「認定心理士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「認定心理士」ってどんな資格?

認定心理士は4年制大学等で心理学の基礎を一通り学ぶことで、得られる資格です。

試験はなく、指定された科目を履修することで認定されます。この資格を持っていることで、心理学の専門家として仕事をするための、基礎的な学力とスキルを身に付けていると証明されます。

 

資格取得のメリット

【1】心のケアに役立つ

入院している患者さんの多くは、病気のことや仕事のことで、心に不安や悩みを抱えています。またそれは患者さんのご家族も同様で、看護師をしていると心のケアの大切さを痛感する場面が多いのではないでしょうか。

心理学を学ぶと、人の心の動きへの理解が深まり、不安を抱える患者さんやご家族とのコミュニケーションに役立つことでしょう。

 

【2】メンタルケアの最初のステップに

認定心理士は心理学の基礎を学べることから、メンタルケアのスキルを身に付けたい看護師の最初のステップとして最適な資格です。

メンタルケアは心療内科や精神科に限らず、全科で必要とされる上、介護施設や児童相談所、さらには企業や工場でも専門家が求められており、看護師がプラス資格として持っていることで実務で役立つ場面は多いです。

より専門的なスキルを身に付けたい場合は、臨床心理士などにチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 43,000名以上

合格率 90~95%程度

費用 40,000円

在宅学習 可能。各大学で通信教育プログラムあり。

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

非会員でも申請可。
 

【2】臨床経験の必要性 …×

 

【3】講習会等への参加の必要性 …△

・大学または大学院において認定心理士に必須となる科目を履修、学科の課程を終了させたもの(36単位以上)
・上記のものと同レベルの学力があると認められたもの

 

 

認定までの流れ

【1】認定審査

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・審査料:10,000円 

試験は無く、学会による審査があるのみ

 

【2】認定

・認定料:30,000円

 

【3】更新

なし

 

 

資格承認団体

公益社団法人日本心理学会

 

記事最終更新日

2016年10月19日

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

転職してよかった?

投票数:
630
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
683
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
593
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
558
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
887
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3081

急性期〜安定期にある患者さんに対して呼吸リハビリテーション(運動療法)を開始するにあたり、評価項目として必須でないものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.動脈血ガス分析
  • 2.経皮的酸素飽和度(SpO2
  • 3.握力
  • 4.呼吸困難感
今日のクイズに挑戦!