認定心理士

2015年06月23日

心理学の基礎をマスター

【1】「認定心理士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「認定心理士」ってどんな資格?

認定心理士は4年制大学等で心理学の基礎を一通り学ぶことで、得られる資格です。

試験はなく、指定された科目を履修することで認定されます。この資格を持っていることで、心理学の専門家として仕事をするための、基礎的な学力とスキルを身に付けていると証明されます。

 

資格取得のメリット

【1】心のケアに役立つ

入院している患者さんの多くは、病気のことや仕事のことで、心に不安や悩みを抱えています。またそれは患者さんのご家族も同様で、看護師をしていると心のケアの大切さを痛感する場面が多いのではないでしょうか。

心理学を学ぶと、人の心の動きへの理解が深まり、不安を抱える患者さんやご家族とのコミュニケーションに役立つことでしょう。

 

【2】メンタルケアの最初のステップに

認定心理士は心理学の基礎を学べることから、メンタルケアのスキルを身に付けたい看護師の最初のステップとして最適な資格です。

メンタルケアは心療内科や精神科に限らず、全科で必要とされる上、介護施設や児童相談所、さらには企業や工場でも専門家が求められており、看護師がプラス資格として持っていることで実務で役立つ場面は多いです。

より専門的なスキルを身に付けたい場合は、臨床心理士などにチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 43,000名以上

合格率 90~95%程度

費用 40,000円

在宅学習 可能。各大学で通信教育プログラムあり。

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

非会員でも申請可。
 

【2】臨床経験の必要性 …×

 

【3】講習会等への参加の必要性 …△

・大学または大学院において認定心理士に必須となる科目を履修、学科の課程を終了させたもの(36単位以上)
・上記のものと同レベルの学力があると認められたもの

 

 

認定までの流れ

【1】認定審査

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・審査料:10,000円 

試験は無く、学会による審査があるのみ

 

【2】認定

・認定料:30,000円

 

【3】更新

なし

 

 

資格承認団体

公益社団法人日本心理学会

 

記事最終更新日

2016年10月19日

いちおし記事

どうなる?看護師と医師の恋愛

11/22、いよいよ最終回!まどかは?中村先生は?どうなる!? [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
642
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
820
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
591
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
470
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
745
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
199
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2123

胃がん検診で精密検査が必要と診断され検査入院してきた患者さん。既往に前立腺肥大と右内頸動脈に高度狭窄があり、持参薬としてユリーフ®とバイアスピリン®を内服しています。あなたは受け持ちとなり、本日13時からの内視鏡検査の準備、搬送、迎えまで行います。当日の内視鏡検査がある患者さんの受け持ちとして最も正しい対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.医師より持参薬であるバイアスピリン®の内服許可があり、9時に内服させた。
  • 2.搬送直前にブスコパン®の筋肉注射指示があり、いつも通り行った。
  • 3.車いすで迎えに行くと本人より「歩いて帰るから大丈夫」と返答された。意識もしっかりしており、起立時にふらつきもなかったため、本人の意思を尊重し徒歩で病室に戻った。
  • 4.検査40分後、患者さんより飲水希望の訴えがあった。発声できており、唾液の飲み込みもできているようだったので少量の飲水なら可能であると答えた。
今日のクイズに挑戦!