音楽療法士

2015年06月23日

音楽の力で治療をサポート

【1】「音楽療法士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「音楽療法士」ってどんな資格?

音楽療法とは、その名のとおり音楽を用いた治療支援方法で、音楽療法士は患者さんの状態に合わせて、音楽を聴いたり、一緒に歌ったり、楽器を演奏したりすることで、その治療を支援します。

薬や施術と違って、即効性の効果が期待できるわけではありませんが、自律神経、免疫、ホルモン系といった領域への有効性が期待されることから、多くの医療・福祉施設で取り入れられています。

 

資格取得のメリット

【1】音楽の力で治療効果が高まることも

音楽療法は単に一緒に歌ったり、演奏したりするのではなく、専門的知識・分析を用いて、患者さん個人に合わせて支援する方法です。

患者さんの不安軽減や疼痛緩和おいて、この音楽療法の効果は明らかになってきており、通常の治療にプラスすることで、治療効果を高めることが期待できます。

特に、精神科やリハビリテーション病棟、緩和ケア病棟などで、積極的に取り入れられるようになっており、今後も需要拡大が予測されます。

 

【2】看護師資格にプラスすることで幅広い活躍ができる。

音楽療法士は、それ自体での求人は少ないのが実情ですが、看護師資格とあわせもつことで、看護の幅が広がり、また病院、福祉施設、老人ホームに加え、児童施設等、幅広い分野での活動が可能になります。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 2,000名~

費用 約300,000円

取得までの期間 約3年

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

日本音楽療法学会の会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …○

5年以上(音楽を使用した臨床経験を2年含むこと)

 

【3】講習会等への参加の必要性 …○

下記①~③全てを満たしていること

①必修講習会の受講
②音楽療法関連分野(医学・心理学・福祉・教育)18単位取得
③学会参加、研究発表、スーパービジョンの受講などで200ホイント取得

※ただし音楽療法関連分野の単位については卒業した学校により単位として置き換えられる場合もある。

 

 

認定までの流れ

【1】必修講習会

・日程:約2年半の間に80コマ受講する。

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・受験料:240,000円(1コマ3,000円×80コマ)

※必修講習会の中でおこなわれる音楽試験受験料:10,000円(理論・実技 各5,000円)

・受講地:埼玉(一部、大阪・名古屋)

 

【2】認定試験

・日程:年1回

・受験料:筆記試験10,000円/面接試験10,000円

・受験地:東京

※筆記試験と面接試験は別日程。筆記試験を合格した場合のみ面接試験を受験できる。

 

【3】試験内容

・筆記試験(多肢選択式100問・小論文)

・面接試験

 

【4】認定

・認定料:30,000円

 

【5】更新

5年ごとに更新

※学術大会・講習会・研修会の受講や研究発表などにより50ポイントを取得しなければならない。

 

 

資格承認団体

日本音楽療法学会

 

記事最終更新日

2016年10月26日

いちおし記事

どうなった?看護師と医師の恋愛

最終話公開中!これまでのお話をおさらいしたうえで読んでみてください! [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
840
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
614
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
498
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
829
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
372
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
56
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者120

消化管穿孔のため緊急手術になった患者さん。1週間経過したころ、正中創が一部離開し、浸出液と排膿が認められました。現在の処置は、毎日の洗浄とガーゼ保護です。医師から創部培養提出の指示があり、検体採取方法についてスタッフより相談を受けました。検体の採取方法について正しい説明は次のうち、どれでしょうか?

  • 1.洗浄する前に創部の湿潤部位を滅菌スワブで拭うか、膿汁がある場合には滅菌スピッツに採取するように説明した。
  • 2.ガーゼに付着している膿を滅菌スワブで拭い、検体を採取するよう説明した。
  • 3.洗浄する前の浸出液をシリンジで回収し、滅菌スピッツに採取するように説明した。
  • 4.生理食塩水で洗浄した後、湿潤部位を滅菌スワブで拭うか、膿汁がある場合は滅菌スピッツに採取するように説明した。
今日のクイズに挑戦!