1. 看護師の資格事典TOP >
  2. カウンセリング >
  3. 思春期保健相談士

思春期保健相談士

2015年06月23日

思春期の子どもをサポート

【1】「思春期保健相談士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「思春期保健相談士」ってどんな資格?

思春期保健相談士は成長期にあり心も体も不安定な思春期の子どもたちに対して、専門的な知識や経験を活かして相談に乗ったり、アドバイスを送ったりしながら思春期をサポートする仕事です。

看護師や医師、教職員、警察官等の専門職の資格を持っていると認定のためのセミナーを受講できます。

 

資格取得のメリット

【1】思春期の患者さんや家族とのコミュニケーションに役立つ

患者さんやそのご家族とのコミュニケーションは、看護師が頭を悩ませることの多い問題のひとつですが、中でも相手が思春期の場合、うまくコミュニケーションがとれず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

思春期は心と体のバランスがとりにくく、ただでさえ周囲とのコミュニケーションがとりづらいものです。専門的な知識やカウンセリングのスキルを身に付けることで、思春期の子どもの心を開き、相談にのれるようになります。

コミュニケーション力を磨きたい人にはオススメの資格です。

 

【2】子どもの疾病予防・治療にも役立つ

近年話題のメタボリック症候群はおもに中年になってからの注意症状と言われていますが、実は、食生活の乱れは子どもの頃に既にはじまっており、思春期になると、過食や過度なダイエットを繰り返し、通院・入院に至る子どもも増えています。

これまでの看護ケアに加え、思春期相談士としての知識・技術を活用してアドバイスすることで、疾病予防や治療にも役立つことでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 8,000名以上

費用 120,000円~

取得までの期間 約半年

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

 

【2】臨床経験の必要性 …×

 

【3】講習会等への参加の必要性 …○

協会が主催する「思春期保健セミナー」のコースI(総論編)・コースII(各論編)・コースIII(実践編) の全課程を修了する必要あり

 

 

認定までの流れ

【1】セミナー・認定

・日程:コースI、Ⅱ、Ⅲが各3日の計9日間、約半年間かけて順次開催

・申し込み方法:ホームページから申し込むか、受講申し込み書をホームページからダウンロードし送付

・受験料:コースI、Ⅱ、Ⅲの合計で121,800~132,300円(Ⅲでの宿泊費含む) 

・受験地:コースI 東京・大阪/コースⅡ 東京/コースⅢ 千葉

※試験は無く、セミナーを修了すると認定される。

 

【2】更新

2年ごとに更新(認定証は無期限だが、認定カードの有効期限が2年間)

※更新セミナーを、認定後2年以内に2回以上受講すること。

 

 

資格承認団体

一般社団法人日本家族計画協会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

業務数が多いほど、やりがい感じるってホント?

看護師に関するこの調査結果、あなたはどう思いますか? [ 記事を読む ]

患者さんの最期を迎えるナースの気持ち

「こんな看護師でありたい」とコメント多数 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

よく言われるけど実際とは違うナースのイメージは?

投票数:
612
実施期間:
2017年06月02日 2017年06月23日

降水確率が何%以上だと、傘を持っていく?

投票数:
554
実施期間:
2017年06月06日 2017年06月27日

ナースシューズを手入れする頻度は?

投票数:
520
実施期間:
2017年06月09日 2017年06月30日

どのくらいの頻度で映画館に行く?

投票数:
470
実施期間:
2017年06月13日 2017年07月04日

「これが欲しい!」切実に思う“力”は?

投票数:
704
実施期間:
2017年06月16日 2017年07月07日

夜勤明けの天気、どっちが好き?

投票数:
368
実施期間:
2017年06月20日 2017年07月11日

大人気医療ドラマ「コード・ブルー」見る?

投票数:
137
実施期間:
2017年06月23日 2017年07月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3689

Aライン挿入中の患者さん。動脈圧波形を見ると、先細った形になっています。この波形から考えられる患者さんの状態はどれでしょうか?

  • 1.血管内脱水
  • 2.大動脈弁閉鎖不全
  • 3.大動脈弁狭窄症
  • 4.心筋拡張障害
今日のクイズに挑戦!