禁煙支援士

2015年06月23日

禁煙実現をサポート

【1】「禁煙支援士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「禁煙支援士」ってどんな資格?

禁煙支援士の役割は、その名のとおり、禁煙したい人をサポートすることです。禁煙を実現するための科学的な仕組みや心の動きなどを学び、確かな知識を持った人に与えられる資格です。

 

資格取得のメリット

【1】禁煙をサポートすることが看護につながる

喫煙が様々な疾患の危険因子になっていることはもはや常識です。しかし、分かっていてもやめられず、途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

治療のために禁煙が必要な患者さんの禁煙実現をサポートすることは、まさに看護そのものです。患者さんの健康維持のためにぜひ身に付けておきたい知識です。

 

【2】禁煙外来勤務ならとっておきたい資格

禁煙ニーズの高まりと共に、禁煙外来のある病院やクリニックも増えてきました。そこに勤めている看護師であれば、肩書きの持つ説得力という意味でもぜひとっておきたい資格です。

 

【3】産業保健師・産業看護師にもおすすめ

禁煙支援士は、企業に勤める産業保健師・産業看護師にもおすすめの資格と言えます。なぜなら健康維持、また保険料縮小のために、企業が本格的に社員の禁煙を推奨しているからです。禁煙に関する専門的な知識と技術を得ることで、より活躍の場が広がることでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 5,000円(初級)

取得までの期間 1日(初級)

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

日本禁煙科学会の会員であること

 

【2】臨床経験の必要性 …△

不問。ただし、禁煙支援に関する実績レポートの提出が必要。(初級は不要)

 

【3】講習会等へ参加の必要性 …○

認定講習会等に参加し、参加点数5点を取得していること(初級は2点)

 

 

認定までの流れ

【1】講習会・認定試験

・日程:随時実施

・申し込み方法:日本禁煙科学会 のホームページよりメールで申し込み

・受講料:5,000円~

・受験地:全国各地

※試験は全国禁煙アドバイザー育成講習会または学術総会に併設して実施される

 

【2】試験内容

・筆記試験

 

【3】認定

・認定料:無料

 

【4】更新

5年ごとに更新

※更新手数料:5,000円

※日本禁煙科学会学術総会への参加などで5点必要

 

 

資格承認団体

日本禁煙科学会 

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
526
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
483
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
846
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
461
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
425
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
567
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日

お給料に対して、何を不満に思う?

投票数:
3
実施期間:
2017年05月30日 2017年06月20日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者194

侵襲時は、生体が恒常性を維持するために、内分泌系、神経系、免疫系がバランスを保とうと働きます。内分泌系では、エネルギー亢進が起こるため、すべての代謝が、グルコースの供給を行うために働きますが、逆に分泌が抑えられるようなホルモンはどれですか

  • 1.インスリン
  • 2.成長ホルモン
  • 3.ADH
  • 4.グルカゴン
今日のクイズに挑戦!