1. 看護師の資格事典TOP >
  2. アロマセラピー・サプリメント >
  3. 日本アロマセラピー学会認定医療従事者

日本アロマセラピー学会認定医療従事者

2015年06月23日

アロマの効果を看護に活かす

【1】「日本アロマセラピー学会認定医療従事者」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「日本アロマセラピー学会認定医療従事者」ってどんな資格?

日本アロマセラピー学会認定医療従事者は、アロマセラピー(芳香療法)に関する正しい知識と技術を持った者に与えられる資格です。

認定する日本アロマセラピー学会は臨床医を中心に組織された医療従事者の非営利活動団体ですので、医療関係者はもちろん、社会全般からの信用度が高いのが特徴です。

 

資格取得者のインタビュー

看護としてのアロマを実践する

救命救急センターで感じたアロマの有効性

 

資格取得のメリット

【1】アロマを用いたケアが実践可能に

アロマは、患者さんの疼痛緩和やリラックスの効果があるといわれており、近年では、アロマを使った蒸しタオルや手浴・足浴などを取り入れている病院が増えてきています。

基礎セミナーではアロマの科学的・医学的基礎知識が学べます。こうした知識を身に付けることで、患者さんの特徴・状況に合わせたアロマケアを自信をもってできるようになります。

 

【2】活躍のフィールドが広がる

アロマケアの技術・知識は、全科にわたって活かせるので、より多くの患者さんとの関わりが可能になります。

また、資格をとったあとアロマサロンを開いたり、アロマ講師になるケースも多く、持っておけば活躍の場を広めることができる資格と言えるでしょう。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 85,000円

取得までの期間 約半年

 

受験資格 

【1】学会員 (会員)の必要性 …○

日本アロマセラピー学会の正会員であること

 

【2】臨床経験の必要性…×

医療従事者であること

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

基礎セミナーの全てのコマを受講していること

 

 

認定までの流れ ※2016年の場合

【1】基礎セミナー

・日程:9月~11月/全4日間・18時間

・申し込み方法:ホームページより申し込み

・受験料:60,000円 (1日15,000円×4日間)

・受験地:東京・大阪

 

【2】認定試験

・日程:2016年3月20日(日・祝)

・申し込み方法:ホームページより申し込み

・申し込み期間:試験日の2週間前まで

・受験料:10,000円 

・受験地:東京

 

【2】試験内容

・筆記試験(120分:休憩なし)

 

【3】認定

・認定料:15,000円

 

【4】更新

5年ごとに更新

※学術総会、地方会、セミナー等への出席および論文発表等で、100点を取得する必要がある

 

 

資格承認団体

日本アロマセラピー学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

仕事での調べ物、何が一番多い?

投票数:
815
実施期間:
2017年09月29日 2017年10月20日

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
602
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
705
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
592
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
516
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
420
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
114
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2182

Aさんは、気管カニューレを挿入し、人口呼吸器を使用した状態で、自宅へ退院する予定です。Aさんのご家族への吸引指導として、適切な内容はどれでしょうか?

  • 1.気管吸引は、多少時間が長くても差し支えないので、きちんと痰を取りきる。
  • 2.気管内は清潔であり、清潔な手袋を使うため、吸引を行う際には手洗いを実施する必要はない。
  • 3.口腔内より先に気管カニューレから吸引する。
  • 4.清潔を維持するために、吸引瓶は随時、消毒を行う。
今日のクイズに挑戦!