1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 福祉・介護 >
  3. 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

2015年06月23日

高齢者・障がい者にも住みやすい住環境を提案する

【1】「福祉住環境コーディネーター」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「福祉住環境コーディネーター」ってどんな資格?

福祉住環境コーディネーターの主な仕事内容は、高齢者や障がい者がいる家庭にたいして、高齢者・障がい者が自立した日常生活を送りやすいような住環境をアドバイスすることです。

具体的には、バリアフリー住宅へのリフォームに関するアドバイスや、介護保険サービス、福祉・介護用具に関しての情報提供などがあげられます。

在宅介護を前提としたリフォームや新築をアドバイスするにあたっては、ケアマネージャーや建築士と連携し、暮らしやすい住環境をコーディネートします。

 

資格取得のメリット

【1】退院後の住環境へのアドバイスができるように

福祉住環境コーディネーターの資格を身に付けることで、院内の用具やバリアフリー対策に対して積極的に関われるようになるほか、患者さんの退院後の住環境についてもアドバイスできるようになります。

患者さんやそのご家族にとっては、自分の疾患についてよく理解してくれている看護師が、退院にあたって在宅での看護だけでなく住環境の側面からもアドバイスしてくれることは、非常に心強く、さらに頼りにされることでしょう。

 

【2】医療・福祉・介護全般の知識が身につく
福祉住環境コーディネーターの試験では、高齢者・障害者の住環境に関することはもちろん、医療・福祉・介護に関する全般のことが問われます。

高齢化社会を向かえ、こうした専門知識を身に付けた看護師への需要はますます高まるものと思われます。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

合格者数 1級 48名/2級 21,272名/3級 14,613名(2013年度)

合格率 1級 7.6% / 2級 73.9% / 3級 59.7% (2013年度)

費用 1級 10,800円/2級 6,480円/3級 4,320円(公式テキスト・通信教育・セミナー等の費用は別途必要)

在宅学習 可能(公式テキストおよび通信教育制度あり)

 

受験資格

特になし。ただし1級を受験できるのは2級合格者に限る

【1】学会員 (会員)の必要性…×

 

【2】臨床経験の必要性…×

 

【3】講習会等への参加の必要性…×

 

 

認定までの流れ

【1】認定試験

・日程:1級:例年11月/2・3級:例年7月と11月の年2回

※2016年度の場合

<第36回(2・3級)>7月10日(日)

<第37回(1・2・3級)>11月27日(日)

 

・申し込み方法:インターネットもしくは電話で申込登録をし、受験料を支払うと受験票が届く。

・受験料:1級 10,800円/2級 6,480円/3級 4,320円

・受験地:全国各地の商工会議所

 

【2】試験内容

・筆記試験

※1級 マークシート式・記述式/2・3級 マークシート式

※100点満点中、70点以上で合格

 

【3】認定

・合格証明書:1,230円(1通)

 

【4】更新

なし

 

 

資格承認団体

東京商工会議所

 

記事最終更新日

2016年10月19日

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1237
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1226
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1158
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1026
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
818
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
538
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1610

独居の86歳男性患者さん。脳梗塞を発症し、現在の状態は、「障害高齢者の日常生活自立度:準寝たきりのランクA2」、「認知症高齢者の日常生活自立度:ランクⅡa」です。
一人で身の回りのことを行うことや、買い物や通院することが困難となってきていますが、本人はまだ現在の生活を続けたいと希望しています。あなたはこの患者さんが現在、通院している病院の看護師です。必要な医療・介護サービスを利用できるように患者さんにアドバイスする内容として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.通院が困難なときは、来院時に救急車を使うように伝えた。
  • 2.近くの訪問看護師を探して、訪問看護に来てもらうように伝えた。
  • 3.本人の居住地にある地域包括支援センターに相談するよう伝えた。
  • 4.直接、市役所の健康相談窓口に行くように伝えた。
今日のクイズに挑戦!