1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 排泄ケア >
  3. 排尿機能検査士

排尿機能検査士

2015年06月23日

泌尿器科ナースにオススメ!排尿機能検査のスペシャリスト

【1】「排尿機能検査士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「排尿機能検査士」ってどんな資格?

排尿機能検査とは、排尿障害のある患者さんに行う検査で、尿量測定や膀胱内圧検査などが含まれます。排尿機能検査士はこうした排尿機能検査を行うにあたっての専門的な知識と経験を有するスペシャリストです。これらの検査は専門的知識を要することから、従来は泌尿器科医が行っていましたが、看護師をはじめとするコメディカルが専門スキルを身に付けることで、検査の効率化および患者さんの状況を充分に考慮した上での検査の実施が可能となっています。

 

資格取得のメリット

【1】検査対象の拡大と高齢化に伴い、需要が拡大

排尿機能検査は、以前は主に神経因性膀胱の患者さんに対しておこなわれてきましたが、近年になり下部部尿路閉塞疾患や女性尿失禁などの患者さんも検査対象となり、その病態解明と治療法の選択において重要な役割を担っています。

また高齢化に伴い、排尿障害を抱える患者さんも増加傾向であることから、排尿機能検査士の需要もますます拡大するものと思われます。

 

【2】専門知識を身に付け、デリケートな悩みを引き出す

排尿トラブルは非常にデリーケートな問題で、受診自体をためらう患者さんも少なくありません。看護師が専門的な知識・スキルを身に付けることで、医師には言いにくい悩みも引き出せるようになります。患者さんの全身状態や心理状態を考慮した上での検査にあたっては、排尿検査士の存在は欠かせない存在となっています。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

費用 6,000円

取得までの期間 半年~1年

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性 …×

 

【2】臨床経験の必要性 …○

排尿機能検査に関する活動実績が50例以上あること

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

排尿機能検査士講習会に参加すること

 

【4】その他

・日本泌尿器科学会専門医からの推薦があること

・看護師・准看護師などの医療関連職の有資格者であること

 

 

認定までの流れ

【1】講習会

・日程:例年5~6月の年1回

・申し込み方法:申込み用紙を日本泌尿器科学会の公式サイトからダウンロードしFAXで申込み

・申し込み期間:例年1月初旬~5月中旬。定員になり次第締切

・受験料:1,000円 (テキスト代は別途必要)

・受験地:毎年変わる(2014年は山形)

 

【2】認定申請~認定

※試験はなく、排尿機能検査士認定委員会が審査・認定する。

・日程:例年12月1日~翌年の2月末日

・申請方法:必要書類を郵送

・申請料:5,000円 

 

【3】更新

5年ごとに更新

※更新手数料:5,000円

・排尿機能検査に関わる活動をしていること

・資格認定後の5年間で30単位以上が必要。そのうち20単位以上は日本泌尿器科学会が認める講習会に2回以上参加した単位が含まれていること。

 

 

資格承認団体

日本泌尿器科学会

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
806
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
891
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
693
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
661
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
461
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
323
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
470
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者492

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!