1. 看護師の資格事典TOP >
  2. 栄養ケア >
  3. 栄養サポートチーム専門療法士

栄養サポートチーム専門療法士

2015年06月23日

「栄養サポートチーム」の要、経腸栄養のエキスパート

【1】「栄養サポートチーム専門療法士」ってどんな資格?

【2】資格取得のメリット

【3】資格データ(認定数・費用など)

【4】受験資格

【5】認定までの流れ

 

「栄養サポートチーム専門療法士」ってどんな資格?

栄養サポートチームの一員として、臨床栄養学に関する優れた知識と技能で活躍する栄養管理の専門家。カテーテルの管理、栄養・食事のチェック等を行いながら、患者さんの身体状況を確認し、正確な情報をチームに提供します。

 

資格取得のメリット

【1】NSTチームに加わることができる

栄養サポートチーム(NST)の中でチーム医療の一環として患者の栄養管理をサポート。基本的にはカテーテルの管理を行うほか、食事チェック・NST診療録の管理などを実施します。

 

【2】コミュニケーション力アップ
患者さんの状態をチームスタッフに周知徹底させることや、患者自身に自分の栄養状態をしっかり把握して貰うための説明をすることが必要なため、コミュニケーション力は向上します。

 

【3】転職にも有利に
NSTを設置している病院に転職するのであれば、非常に役立つ資格です。

 

 

資格データ(認定数・費用など)

認定者数 7,185名

合格率 73.4% ※うち看護師1,768名 (2013年度)

費用 30,000円

取得までの期間 5年以上

 

受験資格

【1】学会員 (会員)の必要性…×

日本静脈経腸栄養学会の会員でなくても可

 

【2】臨床経験の必要性…○

①看護師5年以上
②栄養サポートに関する業務に従事した経験
※①②のいずれも有すること

 

【3】講習会等への参加の必要性…○

①同学会学術集会に1回(10単位)以上
②同学会主催の教育セミナー
・①②のセミナーに1回以上の参加が必須。
・合計単位は30単位以上
・認定教育施設において合計40時間の実地修練を修了

 

 

認定までの流れ(※2016年の場合)

【1】認定試験

・日程:2016年11月13日(日)13:00-15:00

・申し込み方法:申請書類をホームページからダウンロードし送付

・申し込み期間:2016年7月1日~ 7月31日(必着)

・受験料:10,000円 

・受験地:国立京都国際会館

 

【2】試験内容

・論文試験

・口述試験

 

【3】認定

・認定料:20,000円

※試験合格後、認定申請時に学会に未入会の場合は入会が必要

 

【4】更新

5年ごとに更新

※更新手数料:10,000円

※引き続き学会会員であり、5年間に2年以上臨床栄養管理業務に従事し、かつ学会が指定する必須20単位を含む合計30単位以上の取得が必要

 

 

資格承認団体

一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会

 

記事最終更新日

2016年11月8日

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
923
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
621
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
536
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
648
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
390
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1737

以下の二次救命処置についての説明で、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.末梢からの静脈路が確保できない場合は、医師に中心静脈路の確保を依頼する。
  • 2.アドレナリンは 1 回0.5mgを静脈内投与し、3~5分間隔で追加投与する。
  • 3.心肺蘇生中の気管チューブの位置確認には、呼気CO2モニターは必要がない。
  • 4.気管挿管後は、胸骨圧迫と人工呼吸は非同期とし、連続した胸骨圧迫を行う。
今日のクイズに挑戦!