2020年01月07日

耳鳴りが起きるのはなぜ?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は耳鳴りが起きる仕組みについて解説します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

耳鳴りが起きるのはなぜ?

鳴りには他覚的耳鳴りと自覚的耳鳴りがあります。他覚的耳鳴りは、筋肉が動く音、血液が流れる音、呼吸の音、心臓の鼓動など、体の中で行われている生命活動によって生じます。いつもは聞こえませんが、静かな環境に身を置くことで聞こえることがあります。他覚的耳鳴りには音源があるため、聴診すると他人でも聞くことができます。

一般に耳鳴りというと自覚的耳鳴りを指します。自覚的耳鳴りは、外耳から中耳、内耳、へと至るプロセスのどこかに異常があるために生じます。最も多いのは、蝸牛から脳に至るまでの聴覚路の異常です。耳鳴りの原因はまだ完全には解明されていませんが、蝸牛神経の自発放電に関係があると考えられています。

蝸牛では、空気の振動が伝わってこない場合でも、神経伝達物質の漏れによって絶えず電気的な信号が放電されています。これを自発放電といい、自発放電が異常に増加することで耳鳴りを生じさせていると考えられています。こうした状態をオルガンに例えると、押した鍵盤が元に戻らずに音を出し続けている状態ということになります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • なぜ体をまっすぐに保てるの? [01/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は平衡感覚について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   なぜ体をまっすぐに保てるの? 平衡感覚をつかさどるのは、内耳にある三半規管と... [ 記事を読む ]

  • トンネルに入ると耳が詰まるのはなぜ? [01/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は耳閉塞感について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   トンネルに入ると耳が詰まるのはなぜ? 列車がトンネルに入ったり、高層ビルのエ... [ 記事を読む ]

  • 耳鳴りが起きるのはなぜ? [01/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は耳鳴りが起きる仕組みについて解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   耳鳴りが起きるのはなぜ? 耳鳴りには他覚的耳鳴りと自覚的耳鳴りが...

  • 空気の振動はどうやって音になるの? [12/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は蝸牛の役割について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   空気の振動はどうやって音になるの? ヒトの脳では、空気の振動を音として感じ... [ 記事を読む ]

  • 音はどのように伝わるの?|聴覚 [12/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は耳の構造と音が伝わる仕組みについて解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   音はどのように伝わるの? 耳は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1480
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1372
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1294
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1220
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1187
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
756
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
647
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者463

◆精神科の問題◆精神障害に対する薬物療法に使用される薬剤の説明として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.抗うつ薬は内服開始後、効果発現までに1~2週間を要する。
  • 2.抗不安薬であるエチゾラムは、長時間型であり半減期は12~24時間程度である。
  • 3.クロルプロマジン塩酸塩は、フェノチアジン系の抗精神病薬である。
  • 4.睡眠薬は超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分けられる。
今日のクイズに挑戦!