2019年12月17日

涙は何のためにあるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は涙の役割について解説します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

涙は何のためにあるの?

涙は弱アルカリ性の無色透明の液体で、1日に1mL程度分泌されます。涙にはリゾチームや免疫グロブリンのIgAなどが含まれ、眼球に付着した細菌や微生物を洗浄、殺菌する働きがあります。

涙を分泌する器官は、眼球の上方外側にある涙腺です。分泌された涙は、上眼瞼(うわまぶた)の裏側の結膜に開いている10〜12本の導管から眼球に向けて送り出されます。

まばたきをすると涙が眼球の全面に広がり、眼球を潤します。これは、眼球を乾燥から守るだけでなく、角膜の透明性や滑らかさを維持するうえでも欠かせません。また、角膜に酸素や栄養を供給することも涙の重要な役目です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 空気の振動はどうやって音になるの? [12/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は蝸牛の役割について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   空気の振動はどうやって音になるの? ヒトの脳では、空気の振動を音として感じ... [ 記事を読む ]

  • 音はどのように伝わるの?|聴覚 [12/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は耳の構造と音が伝わる仕組みについて解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   音はどのように伝わるの? 耳は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅ... [ 記事を読む ]

  • 涙は何のためにあるの? [12/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は涙の役割について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   涙は何のためにあるの? 涙は弱アルカリ性の無色透明の液体で、1日に1mL程度...

  • 視力の障害が起きるのはなぜ? [12/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は視力障害について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   視力の障害が起きるのはなぜ? 視力障害には屈折の異常、色覚の異常などがありま... [ 記事を読む ]

  • 感知した像はどのように脳に伝わるの?|視覚 [12/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は視覚の仕組みについて解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   感知した像はどのように脳に伝わるの? 網膜の細胞が感知した光のエネルギー... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 酸素を使わず、呼吸する?|呼吸する(1) [07/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

  • 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) [09/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) 解剖生理学の面白さを知るため、情報を分析... [ 記事を読む ]

  • 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) [07/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) 細胞の世界を冒険中のナスカ。からだ... [ 記事を読む ]

  • 肺の構造とガス交換|呼吸する(3) [08/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅... [ 記事を読む ]

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1480
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1372
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1294
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1220
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1187
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
756
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
647
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者460

◆精神科の問題◆精神障害に対する薬物療法に使用される薬剤の説明として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.抗うつ薬は内服開始後、効果発現までに1~2週間を要する。
  • 2.抗不安薬であるエチゾラムは、長時間型であり半減期は12~24時間程度である。
  • 3.クロルプロマジン塩酸塩は、フェノチアジン系の抗精神病薬である。
  • 4.睡眠薬は超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分けられる。
今日のクイズに挑戦!