1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. Ⅰ型アレルギーはどのようにして起きるの?

2019年08月27日

Ⅰ型アレルギーはどのようにして起きるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回はⅠ型アレルギーが起こるメカニズムについて解説します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

Ⅰ型アレルギーはどのようにして起きるの?

スギやブタクサの花粉、ハウスダスト、ダニなどによってアレルギーが起きるメカニズムは次の通りです(図1)。

図1アレルギー性鼻炎の発生機序

アレルギー性鼻炎の発生機序

 

花粉やダニなどの抗原が体に入ってくると、マクロファージが異物だと認識し、これを貪食します。そして、細胞内で分解し、抗原決定基(エピトープ)として提示します。それをT細胞とB細胞が認識し、最終的にプラズマ細胞(形質細胞)が抗体を産生します。この時、プラズマ細胞はIgEを大量に作ります。IgEが大量に産生されることを除けば、ここまでは通常の液性免疫と全く同じです。それでは、どこが違うのでしょうか。

作り出されたIgEは、血液中に蓄えられるのです。これは、次に同じ異物が侵入してきた時のための大事な備えです。そして、再び同じ異物が侵入してくると、肥満細胞(マスト細胞)の表面にあるIgEと異物が、鍵と鍵穴のようにぴったりと結合します。IgEがアレルゲンにより架橋されると肥満細胞からヒスタミンなどが放出されます。

体は、異物を敵と認知していますので、ワナにかかった異物に攻撃を加えます。武器は肥満細胞に詰まったヒスタミンなどの化学物質です。

ヒスタミンには、平滑筋を収縮させる、気管支の腺からの分泌を盛んにする、血管に働きかけて透過性を亢進させるなどの作用があります。その結果、気管支喘息が起こったり、涙や汁の分泌が高まったり、血漿成分が皮下の間充織に貯留して皮膚にかゆみや腫脹が生じます。

こうした反応は、もともとは、炎症を起こすことで免疫機能を高め、や鼻水、涙の流出によって異物を体外に押し出すという免疫本来の作用でもあります。しかし、体にさほど害を与えない異物に対して過剰な反応が起こるという点で、アレルギーは過敏症だといえるのです。

 

メモ1肥満細胞(マスト細胞)

ヒスタミンなどの化学物質を大量に詰め込んだ細胞で、丸々と太っているように見えるため肥満細胞(マスト細胞)と呼ばれます。
鼻の粘膜、目の結膜、気管支の粘膜、皮下、血管、筋肉などに存在しています。


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 自己免疫疾患ってどういうもの? [09/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自己免疫疾患について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自己免疫疾患ってどういうもの? 正常な免疫系は自己と非自己を正確に認識し... [ 記事を読む ]

  • アレルギーになる人とならない人がいるのはなぜ? [09/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はアレルギーに関連する遺伝子について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   アレルギーになる人とならない人がいるのはなぜ? 同じ環境に... [ 記事を読む ]

  • Ⅰ型アレルギーはどのようにして起きるの? [08/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はⅠ型アレルギーが起こるメカニズムについて解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   Ⅰ型アレルギーはどのようにして起きるの? スギやブタ...

  • アレルギーは免疫と関係があるの? [08/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はアレルギーと免疫の関係について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   アレルギーは免疫と関係があるの? 多くの人にとって何事も起こら... [ 記事を読む ]

  • 新生児に免疫機能はあるの? [08/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は新生児の免疫機能について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   新生児に免疫機能はあるの? 母親の胎内にいる間、胎児は母体の血液から... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1848
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1384
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1271
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1145
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1059
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
95
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
773
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6443

以下のうち、抗がん剤と放射線治療とを併用する化学放射線療法で期待される効果はどれでしょうか?

  • 1.放射線が当たらない部位にある病巣の制御
  • 2.制吐作用
  • 3.抗がん剤の血中濃度の上昇
  • 4.抗腫瘍性サイトカインの増加
今日のクイズに挑戦!