1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 免疫の調節はどうやって行われるの?

2019年07月09日

免疫の調節はどうやって行われるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は免疫の調節について解説します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

免疫の調節はどうやって行われるの?

免疫系は生体防御のための大きなシステムです。免疫系で働く細胞は、樹状細胞マクロファージ、ヘルパーT細胞、B細胞、プラズマ(形質)細胞、メモリーB細胞のほか、生体内で免疫システムがオーバーワークしないように制御する制御性T細胞もあります。また、細胞性免疫に係わる細胞傷害性T細胞も含まれます。

これら各種の免疫細胞間で、情報を伝達する物質が免疫情報伝達物質(サイトカイン)です。これらが協力しあって、免疫系は作動しています。

例えば、エイズウイルスはヘルパーT細胞とマクロファージに感染してこれらを破壊してしまいます。すると、細胞性免疫がストップしてしまいます。

 

メモ1貪食作用

貪食作用は、好中球、単球(マクロファージ)が細菌、ウイルスなどの異物を細胞内に取り込み、分解すること。自然免疫を担当しています。

メモ2サイトカイン

いろいろな細胞が分泌する微量で生理活性をする細胞間情報伝達物質のことをいいます。インターロイキン、インターフェロン、ケモカイン、腫瘍壊死因子、コロニー刺激因子などがあります。

メモ3樹状細胞

異物(抗原)をT 細胞に提示します。抗原提示細胞としてはマクロファージよりも優れています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 細胞性免疫とはどんなもの? [07/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は細胞性免疫について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   細胞性免疫とはどんなもの? 細胞性免疫の作動はB細胞ではなくNK細胞や細胞... [ 記事を読む ]

  • 免疫の調節はどうやって行われるの? [07/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は免疫の調節について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   免疫の調節はどうやって行われるの? 免疫系は生体防御のための大きなシステム...

  • 免疫グロブリン(抗体)って何? [07/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は免疫グロブリンについて説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   免疫グロブリン(抗体)って何? 免疫グロブリンとは、プラズマ細胞(形質... [ 記事を読む ]

  • 抗体はどうやってできるの? [07/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は抗体のできるプロセスについて説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   抗体はどうやってできるの? 異物(非自己)が非経口的に体内に... [ 記事を読む ]

  • 抗原と抗体ってどういうもの? [06/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は抗原と抗体について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   抗原と抗体ってどういうもの? 抗原とは免疫応答を引き起こす物質のことで... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

  • 喫煙によるDNAの変異は、一生元に戻らないことが明らかに [02/18up]

    喫煙によるさまざまな悪影響はすでに長年にわたり指摘されており、現在では、健康保険を使った禁煙治療も行われるようになりました。では、禁煙すれば喫煙の悪影響を完全に断てるのでしょうか? 実は、たとえ禁煙したとしても喫煙の影響がDNAに突... [ 記事を読む ]

  • 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) [08/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 栄養と代謝|食べる(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。食... [ 記事を読む ]

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

  • 酸素を使わず、呼吸する?|呼吸する(1) [07/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1257
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1146
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1068
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1028
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
897
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
644
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者207

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!